株式会社アテア

ブログ

心の筋トレ=内省? 世界の偉業を支えた内省のメリット

2023年05月21日

世界中で歴史に名を残す偉人たち。そのような方々も驚くべき発見や発明をいきなりしているわけではありません。そこに至るまでには長い道のりがあったはずです。

諦めずに成果を上げるポイントとなったのは内省だったのではないかと思います。

先人たちがいかにして偉業を成し遂げてきたのかに想いを馳せてみましょう。

何事もなくスムーズに結果が出るのはまれなこと

これまでに多くの偉人たちが、世界を揺るがす発見や生活を便利にする発明をしてきました。その過程や偉業は伝記などから知ることができます。しかし、成果にたどり着くまでの苦労はそこに記されていることばかりではないでしょう。

例えば、近代理論科学の先駆者であるニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て万有引力の法則を発見したといわれています。けれども、リンゴの落下を見た瞬間にそれを思いついたわけではないはずです。

発見に至るまで、常に自分への問いを内省し続けていたはずです。食事をしている時でも、本を読んでいる時でも、誰かと会話している時であっても。

見るもの聞くもの全てに関連付けながら、「なんでだろう?」、「どうしてだろう?」と考え続けていたのではないでしょうか。

だからこそ、最後の最後にリンゴが落ちるのを見て、「これか!」と、法則を見つける重大なヒントに繋がったのだと思います。

諦めずに続けられるのは心のタフさがあるから

電話や蓄音機、白熱電球など私たちの生活に直結する数多くの発明をしたエジソンも同様です。

少年の頃からたくさんのことに興味を持ち、何でも知りたがり、さまざまな化学実験を繰り返していたというエジソン。素晴らしい成果の影に、失敗や挫折もあったといわれています。

ですが、伝えられているエピソード以上にもっと多くの諦めの瞬間があったことでしょう。「もうダメだ」と投げ出したり、愚痴をこぼしたりしたこともあったはずです。天才といえども人間ですから。

ところが、嫌になったとしても心を切り替え、再度挑戦をしたからこそ、成果を残すことができたわけです。

白熱電球の発明では、さらに使いやすいものにするため粘り強く研究を続けたそうです。そして、とうとう日本の竹に出会います。長持ちするフィラメントに最適な竹を求めて石清水八幡宮のある京都の男山周辺の竹にたどり着くのです。この縁から、石清水八幡宮の境内にはエジソン記念碑が建立されています。

このように諦めることなく「もう一度!」と立ち戻ることができる心のタフさを養うのが前回お伝えした「心の筋トレ」であり、すなわち内省なのです。

【関連記事】今こそ必要な「心の筋トレ」とは?

偉人たちも行ってきた内省(心の筋トレ)によって心をより強く

ニュートンやエジソンほどの偉人でさえ、たくさんの挫折を乗り越えて偉業を達成してきたわけです。逆に言うと、彼らが行う並外れた内省が「心の筋トレ」となって心のタフさが身についてきたのでしょう。諦めずに切り替えをスムーズにすることで、結果に繋がったのです。

そう考えると、内省が心のタフさを得るために、どれだけ適しているかが納得いくのではないでしょうか。

さまざまな角度や視点から自分へ向けて問いを投げかけてみてください。繰り返し、粘り強く続けるのです。それによりニュートンやエジソンのように心のタフさを獲得し、新たな突破口を見つけることができるでしょう。

そして、このように歴史や先人から学べるのは、現実からかけ離れたものばかりではありません。自分にとって身近な感覚として学べることがたくさんあるのです。これからも一緒に歴史をひもとき、先人の経験を実生活に役立てていきましょう。

メールマガジン『とこわかジャーナル』

アテアでは、メールマガジン「とこわかジャーナル」を毎週月曜日・月4回発行しています。

セミナーやイベントなどの最新情報をはじめ、緩急力ある経営のためのひと言や日々の気づきなどを発信しております。

メールマガジン『とこわかジャーナル』

こちらもおすすめ

人生はフルマラソン。経営はその一区間です。長距離だからこそ、適切な緩急が大切ですね。X(Twitter)でも歴史、神社、史跡を題材に経営力を高めるためのヒントをつぶやいています。

フォローする

その他のブログ

「神社は心のふるさと」 風の時代の今こそ意識したい心のセキュアベースとしての神社

アテアでは、神社がどのような場所であるか、担う役割などを、さまざまな切り口でお伝えしています。 お願いごとをしたり、感謝をしたり、決意表明をするだけではないのが……

2024年06月16日

詳しくはこちら

【光輝ブログ】空母・軽巡洋艦とともに時代の転換点にいた艦 駆逐艦 「水無月」~和風月名を持つ艦・その3

6月、上半期ももうすぐおしまいですね。和風月名が名前になっている駆逐艦シリーズ第3弾は、「水無月」をご紹介します。 先月ご紹介した「皐月」と艦としてのスペックは……

2024年06月09日

詳しくはこちら

訪れた神社は延べ2万社あまり 大杉日香理はなぜ代理巡拝を続けるのか

近頃、ありがたいことに、長きにわたり神旅®やセミナーにご参加いただいている皆さまに加えて、新たにアテアのサービスにご興味を持っていただく皆さまが増えております。……

2024年06月02日

詳しくはこちら

【見えない世界の基本①】人も土地も物も。誰もが持つ情報空間とは

アテアでは、「神旅®」を始めとするセミナーやビジネスコンサルティングなど各種サービスを通して、皆さまが望む未来へと向かうためのお手伝いをさせていただいています。……

2023年11月27日

詳しくはこちら