株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

ATEAについて

ABOUT

「生まれてきた意味を知りたい」
「人のために自分を生かしたい」
「人生を何に使えばよいか迷っている」

今あなたがそう感じているのなら、それは成長するタイミングが訪れた証です。

なぜなら、そうした願望が湧き起こるのは、今の自分に限界を感じている、もしくは、新しいステージに一歩踏み出そうとしているからこそ。
そして、その根底には目に見えない世界も含めて「世の中をもっと理解したい」という想いがあります。

ただし、そうした人生の流れが大きく変わるような瞬間というのは、心が大きく揺らぎます。
迷ったり、悩んだりとメンタルが不安定になってしまうことも。
そんなとき、心の「拠り所」があれば、力強く前に進むことができるはずです。

その力の源になるのが、“大自然の叡智”です。

日本には古来より、大自然に神宿るという考え方があります。
生きとし生けるものはもちろん、工芸品や食料品なども含めて、八百万(やおよろず)の神が宿ることを前提として生活が営まれてきました。

また、いつも見守ってくれているご先祖様や神様、そして、龍神といった無形の世界からの“後押し”など、長く受け継がれてきた独自の文化もあります。

しかし明治維新以降、本来の大自然の叡智とは異なる考え方が主流となって、目に見えてわかりやすい科学(サイエンス)などの「有形」のものへ傾倒していく流れが続いています。

本来は、「有形」と「無形」は陰と陽の関係にあり、表裏一体です。
形ある世界だけではなく、形のない世界からの他力も、現実をよりよく進めていくために必要不可欠な要素となります。

つまり、自力と他力のバランスをとりながら自らの心を整えることが、人生を今よりもよい方向に変えていくための大きな推進力になるのです。

心も無形であり、季節のように移ろいでいくもの。よい状態にもなれば、悪い流れに飲まれることもあります。
その時々に、他力という「無形の拠り所」があれば、これほど心強いことはありません。

ATEAでは、他力の後押しを受けるために必要な知識を広めることを目的として、神旅®や数々のセミナー、講師育成等をはじめ、動画などのオンラインサービスも提供しています。

あなたのニーズやライフスタイルに合わせて、「心のカタチを整える」ATEAのサービスをご活用いただけたら幸いです。

株式会社ATEA 代表取締役
大杉日香理

ATEAのサービスは、3つの柱を中心にしています

1. ATEAは、大自然の叡智という日本の財産を、「歴史、神話、地学、心理学、脳科学、解剖生理学、栄養学、経営」などの多角的視点から紐解き、自力を培うための“人生をより良く生きる知恵”としてお伝えします。

2. ATEAは、「誰もが誰かの助けになれること」に気づき、自力を他者への他力として発揮することで、人生に喜びを見出していく感性を育み、自力と他力の協働する社会を作ります。

3. ATEAでは、歴史や文化、伝統は地域の財産であるとともに、日本の財産であることを伝えるための人材を育成します。

大杉日香理

代表取締役

開運マイスター・文筆家・八百万の神様カード&龍神カード開発者
累計33万部発行のベストセラー作家。
子供の頃から日本史に興味を持ち、全国各地の史跡巡りと連動する神社参拝は、事業開始10年間で延べ1万社以上となる。
その体験を活かした「神旅®」は毎回満席。
個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディング®」や自分の取り扱い説明書について学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。
また経営者と先人の知恵をつなぐセッションやセミナーも行っている。
行政向けの講演活動や作家としても活動しながら、神社を入り口とした地域おこしにも力を入れ、神田明神との共同開催。
衆議院会館にて、政治家向けに選挙に勝つ神棚セミナーなども開催している。

出版実績

『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)
『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社)
『龍神とご縁を結ふ゛ 「龍使い®」ノート』(宝島社)
『龍神の力をいただく「神旅®」のはじめ方』
(KADOKAWA)
『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』
(マガジンハウス)
『幸せの使者 龍とつながる方法』
(コスミック出版)
『龍神とつながる強運人生』
(ダイヤモンド社)
『龍がいるから大丈夫「龍神の後押しが発動する41の方法」』
(廣済堂出版)
『リーディングノート』
(河出書房新社)
『八百万の神様カード』
(河出書房新社)

他多数   

寄稿

  • 日経ビジネス ムック
  • 日経ビジネスアソシエ
  • 歴史人KKベストセラーズ
  • ゆほびかGOLD
  • 宝島社SWEET

他多数

講演

他多数