株式会社アテア

ブログ

「神社風土史」という考え方

2022年11月30日

アテアが皆さまにさまざまなことをお伝えする際、大きな柱となるのが「神社風土史」です。
「神社風土史」とは何なのか。「神社風土史」を通してアテアではどのようなことを考え、感じていきたいのか。今回は、改めてお伝えしたいと思います。

のべ2万ヵ所以上の神社を訪れて得られた知見

私は幼い頃から日本史に興味を持ち、歴史というものが単なる知識や教養という枠にとどまらず、今を未来へと繋げていく視点を得るためのものと考えるようになりました。そして、長じてからは川中島古戦場跡を始めとする史跡や歴史的に興味をひかれた場所へと足を運ぶのが習慣となりました。中でも訪れた神社は、これまでにのべ2万ヵ所以上となります。

そうして、私自身が神社や史跡を訪れ、土地の力を借りて内省を重ねてきました。そこから得られた知見をわかりやすい形で皆さまに手渡し、ご自身の経営や人生に役立てていっていただくことを目的としているのがアテアのサービスです。

ただ、アテアで扱う歴史や先人の知恵をもう少しわかりやすく皆さまに伝えていきたいと考えた結果、「神社風土史」という形にたどり着きました。

アテアが考える「風土史」とは

ところで、歴史と聞いて思い浮かべるのはどのようなものですか?

戦国武将や学校で暗記した年表、お城を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも私たちが基本的に学校で学んできたのは中央政治史です。ところが歴史を知るにはもっとさまざまな切り口があります。
私たちがまとっている衣服がどのような変遷をたどってきたのかというのは衣服史。どんな食物がどこから伝わり食べられてきたかといった食物史もあります。医学史や地理史……と本来はさまざまな分野の歴史が集まって大きな歴史という流れができているものです。

とは言え、学校では主として政治の中心地を起点とした事象を歴史として学んできたわけです。例えば平安時代は京都を中心に、鎌倉時代になれば関東を中心にといった具合です。

京都御所を上空から

しかし、日本全体を考えると、政治の中心地だけに人間が住んでいたわけではありません。日本中のそれぞれの地域で人々の暮らしが営まれていたはずです。土地ごとにさまざまな分野の歴史も刻まれてきたことでしょう。

アテアが注目するのは、このようにそれぞれの土地で営まれてきた歴史です。
その土地の地形や表立った歴史、過去から現在まで暮らしてきた人々のエピソードなどをすべて内包して見つめる視点や空間の捉え方を「風土史」と考えます。

諏訪湖で感じた「風土史」の意味

皆さまに「風土史」、「神社風土史」を軸としてお伝えしたいと考えるようになったのは、諏訪湖を訪れた時でした。

諏訪湖の周辺地域は「縄文銀座」と呼ばれるほど縄文時代の遺跡が数多く発見されている地域です。 しかも、九州から関東へと横断する日本一巨大な断層、中央構造線がまともにぶつかる地域でもあります。現代にありながらその当時の見事な断層を見ることもできます。縄文時代よりもさらにさかのぼった、まだ人間の姿すらもない日本の創世期の様子を目の当たりにできるわけです。

鎌倉時代から戦国時代に目を向けてみましょう。この一帯は諏訪氏が治めていました。諏訪氏は武士でありながら諏訪大社の大祝(おおほうり)を代々務めるという独特な人々でした。大祝というのは諏訪明神の依り代であり、現人神(あらひとがみ)すなわち、生き神様です。諏訪氏は戦国大名としては武田信玄により滅ぼされてしまいますが、明治維新に神官の世襲制度が廃止されるまでは大祝を務めていたと言います。

そして、7年に一度行われる「御柱祭」は平安初期より1,200年以上続く重要な神事でありながら、いまだに起源や由緒は謎に包まれているのです。

このように諏訪という土地には日本列島の創世期の記憶から現在に至るまでの歴史上の謎が散りばめられているのです。

このような土地に実際に立ってみると、それぞれの時代の人々の感覚とともに気候、植生、地形や地理、文化や生活とさまざまなものが、私たちが歴史と認識するものに繋がっていくのだと感じられました。それらこそがお伝えしたい「風土史」、「神社風土史」であると確信したのです。

「神社風土史」をひもとき養う視点

ですから、アテアがお伝えする「風土史」というのは一般的に語られる歴史とは趣が異なるものです。

風土、生業、人、そこに醸成される時代の流れ、そしてそれぞれの町や土地の雰囲気。これらを総合して感じ取るものが「風土史」ということになります。

そして、特に各地の拠点や要であり、先人の知恵が集積される場でもある神社を起点とし、体系化したのが「神社風土史」です。

【関連記事】自力を生かすための神社との向き合い方

アテアでは「神社風土史」をひもとき、超長期的視点を得る方法やご自身の内省のきっかけ、情報や雰囲気という目に見えないものを見つめる視点などを養うお手伝いをしていきます。

経営や日常に迷いがある、もう一歩前へ進めていきたい……そんな時でも答えの「種」は必ずご自身の中にあります。その「種」に気付くための後押しを「神社風土史」を通じてしていければと考えております。

メールマガジン『とこわかジャーナル』

アテアでは、メールマガジン「とこわかジャーナル」を毎週月曜日・月4回発行しています。

セミナーやイベントなどの最新情報をはじめ、緩急力ある経営のためのひと言や日々の気づきなどを発信しております。

メールマガジン『とこわかジャーナル』

こちらもおすすめ

人生はフルマラソン。経営はその一区間です。長距離だからこそ、適切な緩急が大切ですね。X(Twitter)でも歴史、神社、史跡を題材に経営力を高めるためのヒントをつぶやいています。

フォローする

その他のブログ

人生をより良くタフに生きるために 「神社ウェルネス®」という考え方

神旅®などでお客さまと神社を参拝するたびに、お客さまが神社の力をお借りしながら、心の平穏を取り戻していく姿を何度も拝見してきました。ここ数年そんな姿を目の当たり……

2024年04月14日

詳しくはこちら

龍神や神様はこわくない 水にまつわる流通や暮らしと龍神との関係

龍神や神様の話をすると、畏怖の念を抱いたり、災害や事故の原因と結び付けたりと、必要以上にこわがる方が少なからずいらっしゃいます。今年は辰年であり、さらに年明け早……

2024年04月07日

詳しくはこちら

ゴルフが開いた意外な代理巡拝への扉 新たなステージへと進むために

明日から新年度が始まります。 会社や職場が変わる方、新しい環境に身を置くことになる方、具体的に何かが変わるわけではないけれども、気持ちも新たに目標に向かう方…………

2024年03月31日

詳しくはこちら

【見えない世界の基本①】人も土地も物も。誰もが持つ情報空間とは

アテアでは、「神旅®」を始めとするセミナーやビジネスコンサルティングなど各種サービスを通して、皆さまが望む未来へと向かうためのお手伝いをさせていただいています。……

2023年11月27日

詳しくはこちら