株式会社アテア

ブログ

偉大な経営者たちはなぜ運を気にしたのか

2020年04月16日

名経営者が大切にした「運」

企業を大きく育てた創業者や、後世に名を残すような経営者たちは、ビジネスの参考になるような書籍を数多く残しています。

松下幸之助、本田宗一郎、稲森和夫といった日本を代表する名経営者たちは、生き方や心構えなど、精神面を重視した書籍も著しています。

中には、「運」について言及したものもあり、ビジネスや人生においていかに「運」を大切にしていたかがわかります。

では、なぜ彼らはそうした「見えないもの=無形」について、書籍まで出して後進に語り継ごうとしたのでしょうか?

大きな成功を成し遂げた名経営者の方たちは、すべからくビジネスにおいては群を抜いた努力家であったはずです。

今、世の中で活用されているようなフレームワークやマネジメント手法は当然のこと、あらゆる方法や理論を試しつくしたことは想像に難くありません。

その結果、ビジネスのバックボーンには必ず「想い」「アイデア」「勘」「運」といった“無形”の力があることにたどり着いたからなのです。

明治維新から始まった日本の物質主義

「運」と聞いて、眉唾ものに感じる人も少なくないでしょう。

人によっては、「占いみたいなもので、あてにならないでしょ?」と思っているかもしれません。

また、ビジネスではさらにネガティブな印象になり、「運に期待するなんてご法度だ」と思う方もいるでしょう。

しかし、歴史を振り返ると、そう簡単には割り切ることもできなそうです。

実は、私たち日本人が持つ目に見えないものへのネガティブな印象は、明治維新以降につくられたものなのです。

明治期に世界の科学力や技術力を知った日本は、欧米列強による植民地化を防ぐために、富国強兵の道を突き進みます。いわゆる「近代化」です。
近代化こそ正義であり、成功の証だと考え、形あるものばかりに心を奪われていきました。(当時の世相を考えると、これも仕方がないことだったように思えます)

一方で、それまで日本で大切にされてきた独自の文化や自然感など、目に見えない感覚的なものはおろそかにされてしまうようになったのでした。

チャレンジして初めて気づく「運」のエネルギー

ここでよく考えてほしいのが、どれほど物質社会になったとしても、すべては無形からスタートしているという事実です。

例えば、電話が開発されたきっかけは「遠くの人と話したい」という人々の想いがあったからでしょう。
また、車や飛行機も「もっと早く移動したい」「目的地まで快適に過ごしたい」という願いがあったからこそ、誕生したといえます。

先人たちは、そうした想いや願いを実現するための方法をとにかく考え続けたはずです。

もちろん、そこには失敗があり、苦難があり、乗り越えなければならない壁があったことでしょう。

しかし、あきらめずに考え、トライし続ける毎日を過ごす中、ふとしたきっかけで課題解決の糸口が見つかり、画期的な商品やサービスが生まれることがあります。

この“ふとしたきっかけ”こそが、いわゆる「運」というエネルギーなのです。

名経営者たちは、ビジネスにおける数多くのチャレンジの中で、この「運」の力を感じる瞬間を幾度も体験したはずです。

だからこそ、晩年になればなるほど、“無形”をテーマにした書籍を残すようになったのではないでしょうか。

“有形”と“無形”のバランスが大事!

しかし近年では、そうした“無形”についての話を精神論や根性論と結びつけ、悪い意味で捉えられることも多いようです。ともすれば、パワハラなどの問題を引き起こす危険性すらあります。

なぜこうしたトラブルが起きるのでしょうか。

その答えは、意外と簡単です。

名経営者たちの「経験」を踏まえず、精神面だけを学び、活用しようとするからなのです。

仕事は“無形”とあわせて、技術や理論といった“有形”があって初めて成り立ちます。

つまり、想いを実現するための「型」を知らずに、メンタルや根性だけでなんとかしようとしても、成功は難しいということです。

物事をうまく進めるには、順序やバランスは非常に大切です。

何かに偏ってしまうと、視野が狭くなり、ミスを犯しやすくなるのは当然です。

先日、ついに東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に緊急事態宣言が出されました。また、石川県や愛知県も県独自で発令しています。

こうした非日常が訪れた時、何かにすがりたくなる気持ちが大きくなります。

また、これまで経験したことのない事態に直面した時、人は対処方法がわからず、動けなくなるもの。

このような時こそ、先人の知恵が必要です。

「運」や「ご縁」といった無形のもの、また、「型」や「理論」などの有形のものをバランスよく、フル活用すれば結果的に事態は好転するはずです。

メールマガジン『とこわかジャーナル』

アテアでは、メールマガジン「とこわかジャーナル」を毎週月曜日・月4回発行しています。

セミナーやイベントなどの最新情報をはじめ、緩急力ある経営のためのひと言や日々の気づきなどを発信しております。

メールマガジン『とこわかジャーナル』

こちらもおすすめ

人生はフルマラソン。経営はその一区間です。長距離だからこそ、適切な緩急が大切ですね。X(Twitter)でも歴史、神社、史跡を題材に経営力を高めるためのヒントをつぶやいています。

フォローする

その他のブログ

「神社は心のふるさと」 風の時代の今こそ意識したい心のセキュアベースとしての神社

アテアでは、神社がどのような場所であるか、担う役割などを、さまざまな切り口でお伝えしています。 お願いごとをしたり、感謝をしたり、決意表明をするだけではないのが……

2024年06月16日

詳しくはこちら

【光輝ブログ】空母・軽巡洋艦とともに時代の転換点にいた艦 駆逐艦 「水無月」~和風月名を持つ艦・その3

6月、上半期ももうすぐおしまいですね。和風月名が名前になっている駆逐艦シリーズ第3弾は、「水無月」をご紹介します。 先月ご紹介した「皐月」と艦としてのスペックは……

2024年06月09日

詳しくはこちら

訪れた神社は延べ2万社あまり 大杉日香理はなぜ代理巡拝を続けるのか

近頃、ありがたいことに、長きにわたり神旅®やセミナーにご参加いただいている皆さまに加えて、新たにアテアのサービスにご興味を持っていただく皆さまが増えております。……

2024年06月02日

詳しくはこちら

【見えない世界の基本①】人も土地も物も。誰もが持つ情報空間とは

アテアでは、「神旅®」を始めとするセミナーやビジネスコンサルティングなど各種サービスを通して、皆さまが望む未来へと向かうためのお手伝いをさせていただいています。……

2023年11月27日

詳しくはこちら