BLOG

大杉日香理ブログ

結婚して15年がたちました@ドラクエって。。。

本日9月23日は秋分の日。 そして心の恋人@B'zのイナバさんのバースデイ 更に、わたくし15年目の結婚記念日ですの。 イナバさんのバースデイだから、この日を結婚記念日にしたらしい疑惑をよくいわれる 今まで結婚記念日はもとより、誕生日にも数えるほどしかプレゼントをもらったことはないのですが。 ゼロではない、確かに。 でも五指に余る。 なぜか今年は結婚記念日にプレゼントをくれました。 それがコレ ↓ 実に嬉しい。もらえただけでなんでもうれしい。うれしい気持ちを超表現して、しっかり伝えました♡ 駄菓子菓子!! 女子として 花束や アクセサリーを希望する気持ちも間違ってはいない気がする。。。 だって、実際にWii(TVゲーム)をする時間なんてないのであります。 それを旦那 も知っているのであります。 満場一致で旦那は私のことをよくわかっているという結論になりました。 「そうなのか!!」 ぴかりんはMPが100上がった! 結婚15年。 旦那あっての私デス♡ 結婚したことで、HPもMPもグッと上がった気がするわ。 【関連記事一覧】 大杉日香理の生成1~幼少編~  大杉日香理の生成2~未成年編~  大杉日香理の生成3~新米ママ編~ 大杉日香理の生成4~可能性開花編~ 

『3年後のあなた』から『今のあなたへ』のアドバイス

誰でも未来はわからないから不安になってしまいます。

「ありのまま」の意味を間違えていませんか?

自分が認識できている自分よりも、自分のありのままは大きいのです。

立ち止まることも、時にはアリ!

人間には意思があって 進むこともできれば、立ち止まることもできます。 そして、走ることもできれば、歩くこともできます。

望む現実を「掴む人」と「掴み損ねる人」の違いは?

望む現実を 「掴む人」と「掴み損ねる人」の違いを 考察する機会がありました。

新婚旅行は古戦場

新婚旅行は国内ですよ~に反応した方のために~ 信州は川中島。 武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いで有名ですね~。 結婚前は入り浸るように、数ヶ月に1回行っていたのですよ。 現在、川中島古戦場として、武田信玄が本陣をおいた辺りが 神社や歴史博物館?のような史跡になっております。 上杉謙信が武田信玄の本陣の中まで単騎で向かっていって、 信玄に斬りつけたという、川中島の見どころのひとつ。 斬りつけられた際、信玄は手にしていた軍配で剣を受け止めるわけですが、 謙信が去った後に軍配を見たら、3回受け止めたハズなのに、キズは7コあったという。 三太刀七太刀(みたちななたち)といいます。 と、歴史話、特に武田関連を語らせたら何時間あっても終わらない~ 日本史好きですが、中でも武田方の武将が歴史上1番FANなのでね。 川中島は桃が有名、他にも杏も有名です。 この桃を食べたくて、新婚旅行には川中島を選びました。 な~んて書いても誰も信じちゃくれないでしょうが、 ええ、その通りでございます。。。 新婚旅行は、川中島史跡巡りでございました。。。 だって、いつもひとりで行っても、車がないと行けない場所ばっかりなんですよね。 新婚旅行なら旦那が運転してくれるし… だって、どこでもいいっていうんだもん…… 謙信軍が闇に紛れて川を渡った場所とか、 信玄の戦死した弟の墓とか、 謙信が陣を張った場所とか、 武田方の前線にある城とか、 好きな武将の墓とか、 とかとか… 当時はまだ2007年の大河ドラマや2009年の大河ドラマで 武田や上杉がメジャーになっていなかったのですよ。 だから、史跡に行っても私達以外誰もいないんですよね。 そんなワケで、2ショット写真が1枚もないという、新婚旅行1日目。 行くまで気が付かなかったんです。 川中島の後に長野の善光寺や、松本の松本城にも行きましたので 1日目のリベンジのように2ショット写真撮りまくりましたが。 ただひとつの心残りは、山本勘助の墓にたどり着けなかったコト。 当時はまだ2007年の大河…以下略 ですから、山本勘助の墓への案内もなく、生い茂る木々も盛りだくさんの中、 道が見つけられず断念。 きっと今は大河ドラマの影響で、道が整備されているはず!! リベンジ旅行に行ってみようと思う、今日この頃。 【関連記事一覧】 大杉日香理の生成1~幼少編~  大杉日香理の生成2~未成年編~  大杉日香理の生成3~新米ママ編~ 大杉日香理の生成4~可能性開花編~ 

つきあって10日で結婚を決める1

旦那とのなれそめ。 うろ覚えの箇所もちらほら… もちろん大きな内容は覚えておりますが、そういえば神社に参って30分後に結婚決めたんですよね~(笑) この事実は最近まですっかり忘れていたのであります。 私と旦那は19才離れているので、私と旦那より、旦那とうちの母の方が年の差が近いですよね。 当時は病院栄養士。 をしていて、患者さんの食事を調理する仕事上、 お盆も暮れも正月もローテンションで出勤でした。 暮れ前のクリスマスからつきあい始めて、 暮れに1回食事をし、正月3日に初詣に行くことに。 初詣といっても仕事が終わってからだから、すっかり外は真っ暗でしたが。 もちろん神社も扉は閉まっておりました。 ま、当時は参拝のさの字もまったく知らないので、 どこの神社がいいとかはなく、職場から徒歩10分と20分の神社2社にお参りに行くことにしました。 今思えば、このときの神社の選択が私の結婚を決めたんじゃないかと思わなくもないんですよね… 神社に参ったことをすっかり忘れていたけど。 当時のお願いは細かくは覚えていませんが、 今の旦那と結婚できますように的な内容だったことは間違いはなく、 真っ暗な中での参拝を終えた後、運命のターニングポイントが訪れたわけです。 【関連記事一覧】 大杉日香理の生成1~幼少編~  大杉日香理の生成2~未成年編~  大杉日香理の生成3~新米ママ編~ 大杉日香理の生成4~可能性開花編~ 

まずは自分です!

「まずはあなたの心に灯火をともしましょう!」

人間の栄養は主に3種類ある

自分を活かそうとする時に、内面を見つめたり外面を磨くことも大切ですが、 同時に身体や魂にエネルギーを循環させることも必要です。

人生の波に乗っているとき

人生の波に乗っているときは 【自分が大きく何かをしなくても勝手に物事が前に進みます】