株式会社アテア

お知らせ

【新セミナー】ビジネスの展開に欠かせない「視座を高める社長学」募集のお知らせ

2024年02月08日

なぜ、社長は「視座」を高める必要があるのか

経営者など、組織のリーダーに求められるスキルは、さまざまあると思います。その中で、私が特に必須だと考えているのは、視座の上下運動です。

よく、経営者には視座の高さが求められるといわれます。これは厳密にいうと、高いことが大切なのではありません。高くしたり低くしたり、相手に合わせてコントロールするスキルこそが大切なのです。そのためには、いったん高い位置まで引き上げておく必要があります。

イメージは、スカイツリーなどの高層建築物のエレベーター。1階の地上からも、最上階の展望台からも景色を見ることができる――。つまり、現場で業務を進める視座と、全体を俯瞰する視座の両方を持っていなければ、組織を引っ張っていくことは難しいでしょう。

神社には視座を高めるヒントが眠っている

視座の上下運動を鍛えるために、非常に有効なのが歴史です。特に、縄文時代から続く日本の精神性の流れを見ていくと、過去、現在、そして未来への繋がりが見えてきます。
おのずと、この先どのような流れを生み出してビジネスを発展させる必要があるか、大局観が感じ取れるようになるでしょう。

こうした長期的な戦略を練りつつ(高い視座)、具体的な戦術を実行するために(低い視座)、1回完結講座でお届けするのが【視座を高める社長学】セミナーです。
この講座では、神社を通じて日本人の精神性をひもときながら、ビジネスに生かせる視座を増やしていきます。

縄文時代から続いてきた日本人の精神性には、ある特徴がありました。無形のものでも、たしかに「ある」という意識があったということです。想い、信念、祈り、神様。たとえ目に見えなくても、先人たちは鋭い五感を駆使して、微細な変化を感じ取り、それを生活に生かしていました。

ところが明治時代に国が開かれ、西洋文化を取り入れるようになると、西洋のものの見方、捉え方が主流に。いつしか、無形のものの価値が薄れていってしまいました。

現代のビジネスにおいては、数字やロジックに重きが置かれています。ですが、どんなに目に見える数字や、実績のあるロジックを積み重ねても、皆が同じように成果を出せるとは限りません。有形の価値観だけでは、片手落ちなのです。

今、ビジネスの発展に行き詰まりを感じている方は、無形の先人の知恵も活用すれば突破口が見えてくるかもしれません。そのために活用できるのが、日本全国にある神社です。

視座の重要性をアテアが伝える理由

私自身、視座を高めるどころか、ビジネスについてもまったくの素人からスタートしています。サラリーマン家庭で育ち、結婚後は専業主婦となり、起業とは無縁の人生。お金も人脈も知識もないところから、試行錯誤しながら今までやってきました。
失敗もありながら、その時々に合わせて出版など最適化したビジネス展開ができたのは、神社や歴史といった見えない世界の知恵を通して視座を高めてきたことも、その一端だと思います。

これまで、延べ約2万社の神社を巡ってきました。そして、見えない世界の知恵を現実世界に作用させるためにはどうすれば良いか、実験と検証を繰り返してきました。その中で、明治以前までの日本の精神性や、神社が持っているポテンシャルを知ることで、圧倒的に視座は高められるとわかってきたのです。

もちろん、私だけの体験ではありません。ビジネスコンサルや神旅®にご参加されたお客さまにも結果が現われています。新しい視座がインストールされた瞬間、まるで時が止まったかのような表情をされ、今までのご経験と新たな気づきがバチッとはまる瞬間が訪れるのです。

そして、視座が変化したことで経営課題解決のヒントを見出したり、見えない世界の知恵を取り入れたことで採用や人材の定着率が上がったりと、現実が変わってゆく姿を多く見てきました。そうした変化によって、ますますその方の視座が磨かれていくのをうれしく思います。

アテアのビジネスセミナーの3つの特徴

アテアのビジネスサービスには、3つの特徴があります。

特徴①:「構造重視」
例えば、よく「願えば叶う」といわれますが、その理由を徹底的に構造分解して考えます。そしてその構造をお伝えしているのです。「魚を与えるのか、魚の釣り方を教えるのか」の違いですね。釣り方から理解できれば、状況に合わせて応用できるようになります。

では、「お金に対するメンタルブロックを外す方法」について考えるとしましょう。
なぜ日本人は、お金儲けは悪いことというイメージを持ちやすいのでしょうか。その答えは、日本の歴史の中に隠されているのです。ブロックの理由がわかれば、外すのは難しいことではありません。構造を知るということは、歴史を知ることと一緒なのです。

特徴②:「わかりやすさ」
もうひとつの特徴は、「わかりやすさ」。どうも、歴史の話は難しそうと思われる方が多いようです。ですが、ご安心ください。「わかりやすさ」には定評があるのが、アテア。これまでにも、「大杉さんが歴史の先生だったら良かったのに」と何度もうれしい感想をいただきました。

実はアテアのサービスは、歴史に苦手意識がある方にこそ、おすすめしたいものなのです。登場人物の名前や数字を覚える必要はありません。そもそも学校で習う中央政治史とは、違う視点の歴史にもたくさん触れていきます。例えば神社史、お金の歴史、日本神話など、題材は豊富です。きっと、今までにない気づきに繋がっていくでしょう。

特徴③:「臨場感」
何百年、何千年も前の歴史や、名もなき先人の方々の話なのに、まるで今その場に自分がいるような体感が得られます。それは「知識としての歴史」ではなく、「自分ごととしての歴史」だと、潜在意識が切り替わるからです。素晴らしい映画や小説は、フィクションとわかっていても臨場感高く没入した感覚を得ることができるように、先人の歴史も自分ごととして脳が感じ取ることで、『事例のひとつ』として活用できるようになるのです。

今回の【視座を高める社長学】セミナーは、外的要因のない室内での座学スタイルです。より知識の習得に集中していただきやすい講座となっております。

次のような方にお届けしたい講座です

・経営者や経営陣の方
・リーダーシップに悩まれている方
・新たな側面から歴史を学んでみたい方
・朝礼の小ネタなど仕事のヒントになる小話を増やしたい方
・社内メンバーの意識改革に取り組みたい方
・人材不足の中でも最良な人材と出会いたい方
・歴史に苦手意識がある方

講座内容

第1回『歴史の教訓とビジネスの未来』~神社から学ぶ経営者の知恵~
明治時代以前の先人たちは、どのような精神性を持っていたのか。例えば、神社をどのような場所だと捉えていたのか。それらは、今でも神社の中に色濃く残っています。神社を切り口に歴史をひもといていくことで、学校で習った歴史とは違う歴史が見えてくるでしょう。

そしてその中に、ビジネスに生かせる視点がたくさん眠っているのです。事業承継、ビジョン共有、ファン拡大、ブランディング構築など。現代のビジネスに役立つヒントが、なぜ歴史と神社から学べるのかについてお伝えします。

第2回『日本神話の教訓から学ぶリーダーシップ』~神話の背後に隠されたビジネスの真理~
日本でビジネスをするからには、日本の風土が培われた精神性=日本神話に触れる必要があります。ですが、今ビジネスに関わっている世代の多くが、学校で日本神話を習っていません。それには、先の大戦が大きく関わっています。戦争を経て、日本神話が扱われなくなった理由は何でしょうか。そして、神話を学ぶ意義とは――。

実は、神話の構造を知ることはビジネスチャンスを見出すために必須です。有名なアニメや映画にも、神話の元型が活用されているといわれています。昨今、ビジネスシーンで聞かれるようになった「ストーリーの重要性」も、神話から読み取ることが可能です。それらの実例を交えながら、日本神話の活用法についてひもときます。

第3回『お金の歴史に学ぶビジネス哲学』~日本の歴史が描く企業繁栄の道~
神社には神社の歴史があるように、お金にはお金の歴史があります。日本において、お金はどのような歴史をたどってきたのでしょうか。

日本人は、「お金は汚い」「金儲けをする奴は悪い奴だ」と思っている人が少なくありません。社長がどれだけ業績アップを願っても、スタッフの中に金儲けは悪というマインドの方が多ければ、なかなかスタッフのポテンシャルは発揮されず、業績アップも叶わないのです。ではどうすれば、マインドを望ましい方向に導いていけるでしょうか。そのためには、お金の歴史を学ぶことです。経営者と従業員の視座の違いによる溝を埋め、組織一丸となった繁栄の描き方についてお伝えします。

第4回以降の講座内容は、今後の皆さまのリクエストなども考慮し詳細をお知らせいたします。

セミナー受講後、どんな未来が手に入るのか

・大きなチャンスに尻込みしなくなる
・直感の精度が高止まりする
・直感の精度が下がるタイミングがわかってくる
・感覚を言語化できるようになり、まわりからのサポートが得やすくなる
・神社参拝に対するマインドセットができる
・これまで見出せなかったチャンスが見出せるようになる
・神社の捉え方、歴史の捉え方が変わり、神社参拝の意味づけが変わる
・日本の本当の意味でのポテンシャルがわかる
・日本の精神性はどうやって醸成されたのかがわかり、今後どのような場所で使えばよいか選べる
・選択肢の偏りがなくなり適宜必要なものを組み合わせて活用できる
・神旅®やこれまでの神社参拝で得た特別な感覚の理由がわかる
・右脳と左脳のバランスが良くなり想いが伝わりやすくなる
・ますます日本や神社が好きになる

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。ここで重要なのは、「天命」が降りてくるときに、その場に立っていることです。どんなに天命が降りてきても、その場に自分がいなければ意味がありません。ですから、そのための準備をしていきましょう。

今の自分の視座だけではなかなか準備は整いません。なぜなら、次の段階に行くチャンスは、自分の視座の範囲外のところに降りてくるから。その視座を見出していくには、これまでの時代に重要とされてきた「有形」重視の考え方だけでは難しいのです。

皆さまが培ってきた有形の経験値の上に、目に見えないものをビジネスに生かす視点を重ね合わせて、視座を高めていきましょう。そうすることで、さらなるビジネスの展開を遂げていく一助になればうれしいです。

開催概要

第1回『歴史の教訓とビジネスの未来』~神社から学ぶ経営者の知恵~
日 時2024年 3月30日(土)
 10:00 ~ 12:00
場 所東京都中央区銀座
※お申し込みの皆さまに詳細をお知らせいたします。
定 員8名
参加形態リアル参加
受講料22,000円(税込み)
持ち物筆記用具・ノート
第2回『日本神話の教訓から学ぶリーダーシップ』~神話の背後に隠されたビジネスの真理~
日 時2024年 5月25日(土)
 10:00 ~ 12:00
場 所東京都中央区銀座
※お申し込みの皆さまに詳細をお知らせいたします。
定 員8名
参加形態リアル参加
受講料22,000円(税込み)
持ち物筆記用具・ノート
第3回『お金の歴史に学ぶビジネス哲学』~日本の歴史が描く企業繁栄の道~
日 時2024年 7月6日(土)  
10:00 ~ 12:00
場 所東京都中央区銀座
※お申し込みの皆さまに詳細をお知らせいたします。
定 員8名
参加形態リアル参加
受講料22,000円(税込み)
持ち物筆記用具・ノート

【視座を高める社長学】今後の講座内容
第4回『神社の歴史からひもとく付加価値の高め方』(予定)
第5回『リーダーシップを高める「龍神」×「神社」』(予定)
第6回『言霊信仰から捉える企業としての社会貢献』(予定)
第7回『日本の思想史と風の時代のビジネスチャンス』(予定)

※すべて1回完結の単発講座です。毎回、違った切り口から神社の本質に迫っていきますので、お好きな回にご参加ください。全回ご参加いただきますと、より多角的な視点が養える内容となっております。