株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

『八百万の神様カード』誕生秘話とチャンスを掴む雑談の法則

年明け2022年1月20日に、新刊『自力を高め、強運へと導く 八百万の神様カード』(河出書房新社)が発売されます。私にとっては『龍神カード』(通常版、ミニ版)に続くオラクルカードの出版となりますが、そのきっかけは意外なものでした。今回はその誕生秘話と、チャンスを掴む雑談についてお話しします。

巡拝したら新企画のオファーがきた

2020年12月31日、私は『龍神カード』の後押しをいただいているある聖地に足を運びました。
その場所は「龍神カードを出してほしい」というメッセージを受け取った場所で、龍神カード関連の報告をするために度々訪れている場所です。

通常版、ミニ版と出版でき、どちらも重版が続いて大好評。そのご挨拶のために伺いました。

すると年明けすぐに、担当編集の方からご連絡が。
「八百万の神様のカードを出しませんか?」
というオファーでした。

お話を伺うと、別企画のオラクルカードに携われたイラストレーターの松尾たいこさんが、日本古来の文化に興味をお持ちだったようで、「八百万の神様」をテーマにしたオラクルカードの制作案が出たそうです。

それなら……!と、私のことを思い出してくださってのご連絡でした。

夢だった「八百万の神様」の出版

実は私にとって、「八百万」をテーマにした本を出版することは、ひとつの夢でもありました。

私が創業時からお伝えしていることは、日本の精神性や信仰、歴史といった「八百万の心」です。

ATEAの人気サービス神旅®のテーマも、まさにそこ!
なぜ神旅®を開催しているのか? についてはこちらの記事をご覧ください。
『神旅®にかける地域おこしへの思い ~守るべき地域の財産を「今」に生かし、地元を活性化して「未来」に伝えるために~』


これまで、出版は龍神に関するものが多かったのですが、あくまで龍神は八百万の神様の一部であり、いつかは八百万の神様に関する情報もお伝えしたいと思っていました。

そこで編集の方には、以前から雑談的に「八百万の神様」への想いを話していたのです。

そんな何気ない会話を、松尾たいこさんの発案をきっかけに思い出してくださり、オファーに繋がったのでした。

チャンスを掴む「雑談」の力

今回、長年の夢が叶ったのは「雑談」がひとつのポイントだったように思います。

雑談レベルで自分の想いを話していた当時の私は、もちろんオラクルカードという形で出版したいとは考えていませんでした。明確な方法は考えず、「機会があれば」という意識で伝え続けていたんです。

その結果、
「八百万の神様や、日本古来の信仰のことなら大杉さんに依頼してみよう」
と思い出していただけたのだと思います。

これが「龍神と言えば大杉さん」で終わっていたら、今回のオファーはなかったわけですから、雑談の力は侮れません。

私が尊敬するある漫画家の先生が、とあるインタビューで次のような話をされていました。
「担当編集の方と一晩中雑談をしていて、その中からネタが生まれたり、キャラクターのアイデアが浮かんだりします」
というようなコメントだったと思います。

つまり、一生懸命ストーリーを考えているときよりも、雑談レベルの会話から良いアイデアが生まれるということ。
常に雑談するべきとは言いませんが、こういう一見ムダなことがチャンスに繋がるように思います。

生産性だけではチャンスは掴めない

私たちの人生は有限です。ですから、効率を上げて生産性を高める視点は外せません。

ですが、すべてはバランス。生産性だけを追い求めると見逃してしまうものがあります。
そのひとつがチャンスです。

雑談レベルで自分がやりたいことを誰かに話せば、その相手がチャンスを繋いでくれることは往々にしてあります。自分で直接掴もうとしなくても、向こうからきっかけがくるのです。

雑談はそのための種まき。

チャンスはいつ、どこから、誰から、もたらされるかわかりません。

そのためにも、普段から「私はこんなことがしたい」と話してみましょう。具体的に固まっていなくても問題ありません。想いを口に出すことが重要です。

たとえ効率が悪くても、すぐにゴールにたどり着かない方法だとしても、その種すらまかなければ芽は出ないのですから。

神様からのアピール「私もカードに入れてほしい!」

こうして「八百万の神様」のカード制作に取りかかることになったのですが、これがなかなか大変でした。

カードの枚数は、33枚プラス初回特典のスペシャルカード1枚。
八百万の神様の中から34枚に絞り込むのは一苦労でした。

あちらからは「これも入れてほしい」「あれも描いてほしい」と次々とアピールが……。
なんとか34枚が決定したら、次は「絵柄はどうこう」とさらに細かなチェックが入り……。

絵柄確認のためだけに何度巡拝に出かけたことか(汗)。

選ばれた神様は、「磐座」「しめ縄」「鴉」「橋」「駅」など、自然物から身近な建築まで多岐にわたります。

どれも日本神話に登場する神様! というより、日常生活で身近に感じている存在ばかり。

日常こそ神様とともにあるんだということを感じていただけるはずです。

そしてなにより、松尾たいこさんの彩り豊かで希望が見えるイラストの力も感じていただけると思います。

このカードをとおして得たパワーを「鏡」として、自分自身の中に眠っている「神聖さ」に気付いていただけると嬉しいです。

まとめ

今回は、『自力を高め、強運へと導く 八百万の神様カード』の誕生秘話と、チャンスを掴む雑談の力についてお話ししました。

そして、もっとカードを活用したい方向けに『公式 八百万の神様カード講座』が始まります。
「八百万の神様カード 上級講座」


★2022年1月8日までに「やおよろずClub」有料会員お申込みの方に、八百万の神様カードを1枚プレゼント!あなたへの今年のメッセージ&御守りとして、お一人おひとりに引いてお届けします。

「やおよろずClub」

ATEAのサービスについて

ATEAの通常サービスは、会員制「やおよろずClub」でお届けしております。無料会員と有料会員(月額制)の2種類からお選びください。

その他、エグゼクティブ向けサービス等もございます。くわしくはコンテンツページをご覧ください。