株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

【運気がうねる2022年】絶対にお参りしたい3つの神社

はやいもので、今年も残すところ2ヶ月程。徐々に2022年の足音が聞こえてきました。
2022年は、「2020年代」すべての運気に関わる重要な1年です。
はたしてどんなふうに関わってくるのか? その運気に乗る方法は? その詳細は半年ごとにお届けしている「龍神指針セミナー」に譲るとして、ここでは「日常を整える」という視点で2022年にお参りしてほしい3つの神社(神様)をご紹介します。

2022年に参拝したい神社、神様「弁天様」

■2022年は気持ちをリセットすることが大事

2022年は、運気のうねりが激しい一年です。
となると、自分自身にたいする疑心暗鬼が生まれたり、社会や周囲からマイナスなエネルギーを受けたりしやすくなります。こういった負のエネルギーに巻き込まれてしまうと、人間は冷静な判断ができなくなってしまうもの。

いつもの自分らしくない判断や、いつも以上に自分を責める感情も出てきやすいです。

ですから、そういったときこそ神社にお参りして気持ちをスッキリさせましょう。

イメージは、「雑巾で拭く」感覚。クリーニング業者にお願いして全部キレイにしてもらうほどではないけれど、自分で拭き掃除をする程度のリフレッシュ感は十分出せます。

弁天様に水の力で祓ってもらう

気持ちをスッキリさせるためにオススメしたい神社は「弁天様」が祀られている神社です。
心のなかで不安が大きくなったり、気持ちを切り替えたくなったりしたときは、水の力をもつ弁天様に祓っていただきましょう。

「私のなかの不安、疑心暗鬼を浄化してください」とお願いすればバッチリです。

弁天様がメインのお社じゃなくても構いません。弁天様のお堂があるお寺や、メインはお稲荷さんだけれど境内に弁天様も祀られているという神社でもOKです。

また、弁天様のお社は「厳島神社」「宗像神社」という名前のこともあります。それぞれの神様は厳密にいえば違うのですが、歴史のなかでひとくくりに考えられるようになりました。ですから皆おなじグループ、ジャンルの神様と捉えていただければいいと思います。

2022年に参拝したい神社、神様「お稲荷さん」

日常に必要なのは「安心感」

「神様からの後押しがなかなか感じられない」「目立った変化がない」と思われる方もいるかもしれませんが、実は「何事もない」ことが一番の後押しなのです。

あまりにも平凡な毎日だと「変わらないといけないんじゃないか」と不安になるかもしれませんが、私たちは、ただ生きているだけで新陳代謝を繰り返し、日々変化しています。

もちろん、ある一定の期間を経ないと変わりにくいものもありますが、目には見えない細胞レベルでは日々変化が起きていて、昨日の自分とは違うのです。

それに、本を読むことで昨日までは知らなかった知識を得ることもあるはず。これも立派な変化と言えます。

こういう日々の変化を感じられることが、実はとっても重要。
むしろ、大きな変化じゃないと反応できない、わからないというのは危険です。日々成長していることを知り、「安心」してほしいと思います。

安心や余裕がほしいならお稲荷さんにお任せ

安心したいときは、お稲荷さん」に参拝しましょう。
お稲荷さんと言えば「稲の神様」。古より「食物の神様」として大切にされてきた存在です。

ですが稲は、昔は「お金の役割」も果たしていました。武士の収入が何万石という「石高」で支払われていたのもそのためです。

となると、稲があるからこそ衣食住が整ってくるとも言えます。お稲荷さんはある意味「衣食住の神様」なのです。

衣食住は、人間にとって生活の基盤ですよね。その基盤が整っていると私たちは安心し、気持ちも豊かになります。そして「余裕」が生まれます。
お稲荷さんは「余裕を作ってくれる神様」とも言えるのです。それが巡り巡って、近年では「金運の神様」とも言われているというわけです。

ですから、安心できる生活の基盤を整えたいときはお稲荷さんに参拝しましょう。
「生活の基盤が整いますように、安心して暮らせますように」とお願いしてみてください。

2022年に参拝したい神社、神様「大黒様」

■一歩チャレンジしたいとき

安心できる生活の基盤が整ったら、新しいことにチャレンジしようという意欲が出てくると思います。
なにも「大きなチャレンジをしてみよう!」という意味ではなくて、小さな一歩でも十分日常の彩りは変えられるはずです。

たとえば「英会話を始めてみようかな」といったブラッシュアップをするようなイメージ。それを後押ししてくれる神社にお参りしてみてください。

チャレンジする力を与えてくれる「大黒様」

チャレンジを後押ししてくれる神様は「大黒様」です。
日本では長らく「大国主命」とおなじ神様と捉えられてきました。大国主命をお祀りする神社は、有名どころだと出雲大社神田明神など。よくある七福神めぐりの大黒様でももちろんOKです。

ではなぜチャレンジを後押ししてくれるのでしょうか? 
大黒様のお姿を想像してみてください。大きな米俵の上に乗っていますよね。あのお米は稲の神様であるお稲荷さんから得たもの。

つまり、お稲荷さんの力を借りて生活の基盤を整え、安心できる余裕が生まれたら、次は「それを力に変える」のが大黒様なのです。大黒様がもっているあの大きな袋は、力の象徴と言えます。

現実世界で米俵の上に足なんか乗せたら罰当たりですが、「安心を力に変えている」ことの象徴だと捉えればしっくりくるはずです。

チャレンジするには、自分自身にたいする希望や未来が見えないと前に進めませんよね。その力を、大黒様は与えてくれる存在なのです。


ですから、オススメの参拝方法は「お稲荷さん」→「大黒様」の順
資金や気持ちの余裕、安心を願ってから、チャレンジへの後押しを願いましょう。このセットアップが日常を整えるのに効いてきます。

まとめ

今回は、2022年の日常を整えるために参拝したい3つの神社、神様を紹介しました。まとめると

1)弁天様で気持ちをスッキリさせる
2)お稲荷さんで生活基盤の安心を願う
3)大黒様からチャレンジする力をいただく


となります。

ちなみに2022年は、大きな運気のうねりを繰り返す2020年代のなかでも、とくに「勝負時」です。このうねる波をどう乗りこなすか? 気分はもはやサーファー(汗)。詳細はATEAが半年ごとに公開している「龍神指針セミナー」でお話ししますので下記をご確認くださいませ。

「龍神指針セミナー」お申し込み方法

これまで単体の動画コンテンツとして不特定多数の方々に販売してまいりましたが、今回から「やおよろずClub有料会員の方のみ」のご視聴となります。

「やおよろずClub」には複数のコースがございますので、コースの種類に応じて

【有料会員】
・コース内容に「龍神指針セミナー」のライブ配信受講権が含まれているコース
・コース内容に「龍神指針セミナー」の動画コンテンツ視聴権が含まれているコース
・コース内容とは別に、有料オプションとして「龍神指針セミナー」の動画コンテンツ視聴権をご購入いただけるコース

【無料会員】
・有料会員へご変更いただき、上記のコースに合わせたご視聴スタイルをお選びいただけます。

●有料会員は毎月1日~8日が仮申し込み期間です。詳細はこちらをご確認ください。

●無料会員(ATEAのメールマガジン)はこちらからご登録いただけます。