株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

今年は新時代のコミュニケーションを学ぶ機会、 チャンスを呼び込む“出会いなおし”にチャレンジ!

これまでの出会いを振り返ってみよう

全国的に新型コロナの感染者数が増加傾向といわれるなか、各地で再び緊急事態宣言が発令されました。

感染拡大防止のために必要な措置ではありますが、こうなると減ってしまうのが人と会う機会です。

そもそもコロナ禍になってリモートワークに移行してからというもの、人とのご縁が薄くなってしまった、と悩む方も少なくないようです。

たしかに対面で人とじっくり話をする機会が減ってしまい、新しいご縁をつなぐことが難しいといえるかもしれません。

今年の運気は“停滞”であり、人との出会いについても同じことがいえます。しかし、視点を変えれば停滞しているからこそ、これまでの出会いを振り返ることが可能になります。

例えば、これまでの出会いのなかで、気になってはいたものの、忙しくてなかなか会えなかった人もいるのではないでしょうか。

そうした方々とのご縁をあらためて振り返り、今興味がある方やもう一度お会いしたい方にこちらから声をかけ、もう一度コミュニケーションをはかる“出会いなおし”もできるのです。

コロナ禍だからこその“一歩踏み込んだ”会話

コロナ禍に入り、これまで頻繁に顔を合わせていた方とも会う機会がなくなり、自然とフェードアウトしてしまった付き合いもあると思います。

ですが、逆に意識せずとも縮まった、もしくは縮めたくなったご縁もあるのではないでしょうか。

「最近どうしてる?」と連絡を取り合ったり、こんなご時世だからこそ一歩踏み込んだ深い話をしたくなったり。
また、反対にこれまで疎遠になっていた人から電話やメール、SNSなどを通して声をかけられるなんてことも。

要は、これまで培ったご縁のなかで、オンライン上などでコミュニケーションをとれる相手をお互いに見つける、見つけたくなるといった気持ちが高まっているのです。

今、ソーシャルディスタンスであったり、対面での接触の回避など、世界レベルでコミュニケーションを避けることを優先している状態といえます。
つまり、誰もが人肌不足なのです。

ですが、オンラインでのやり取りが多くなったことで、同じ空間のなかで人と交流をすることが少なくなってきているので、距離感をうまくつかめない人も増えています。

さらに、場合によると呼吸も合わなくて、どこで相槌を打っていいのか、話を挟んでよいのかなど、不慣れなやり取りに困惑している方もいます。

しかし、これはコミュニケーションの取り方やご縁のつなぎ方が、新時代に合わせた形へと変化してきている証拠です。
そして、人との出会いがいかに貴重なことかをあらためて知る機会にもなっているのです。

新時代のコミュニケーションを受け入れる

コロナ禍を経験したからこそ、リアルで会うことや人とのつながりの重要性を再認識した人は多いはずです。

その影響からか、他人との会話の「質」も自然と変化しています。初めから深いコミュニケーションになりやすく、これまで以上に相手の本質を見てしまうという人も増えています。

そうすると、今までのように適当に愛想を振りまいたり、「こういう風に言っておけばエモーショナルでみんな乗ってくれるよね」といった“あざとさ”は完全に見抜かれてしまいます。

つまり、行動と言動が一致しているかどうかを自分も相手も互いに見合うといった、ある意味で慎重なコミュニケーションをはかるようになるのです。

ただし、軽い応対が悪いと言っているわけではありません。人と人とのつながり方が変わるだけであり、大切なのはそれをしっかりと理解しておくことです。

コミュニケーションの変革も唐突に起きるわけではなく、今年1年が慣れるための準備期間だと考えるとよいでしょう。

「変わってきたな」「こんなふうにやっていくのか」「これは失敗したな」「じゃあ、次はこうしてみよう」そんなふうにトライ&エラーを繰り返していくイメージです。

どういう距離感がよいのか、自分はどれくらい発信したらよいのか。
それをつかむために積極的に練習していくことが、よりよい出会いにつながるのです。

大切なのは「量」ではなく「質」

これからのコミュニケーションでおさえるべきポイントは、「量」ではなくて「質」です。
誰もがこの変化を受け入れることになるので、当然のように相手の「質」を見て付き合いを判断するといった価値観が加速していきます。

そうなると、同時に自分の「質」を高めることも求められるようになります。
言葉を変えれば、信頼をもっと高めようとか、誠実でありたいとか、そうした道徳的な考え方が主体になっていくでしょう。

それに伴って、人に対する動き方や考え方、発言のスタンスなどにも新しい価値観が生まれます。

これまではいわゆる「カリスマ」と呼ばれる存在や、旗を振れるリーダーが中心になる時代でした。
しかし、これからは一人一人が自分の旗を振る時代になります。

あなたがどんな人間で、これからどうしていきたいのかを相手に問われたとき、「私はこうしていきたい」と、はっきりと言えるかどうか。

お互いが自分の旗をしっかりと振った上でのコミュニケーションへと変化していくということです。

もちろん、これとは真逆に日本人特有の意思表示をあまりしない奥ゆかしさを大事にする方や、そもそも自分を表現することが苦手な方もいます。

そういう方々は無理に考え方を変えることなく、「それなら、今までと変わらない状態で一緒にいたいね」と、同じ考えを持つ人たちとの関係性を強めればよいでしょう。

会いたい人に自分からコンタクトをとって

どんな旗を振るにしても、これまで忙しすぎて築けていなかった素敵なご縁をもう一度発掘してみることをおすすめします。
すると、本当に不思議な重力によって、「この人、魅力的だな」と、突然思ったりするはずです。

例えば、会食で一度出会って以降、Facebookで「いいね」を押し合う仲に留まっていた、なんて人もいるのではないでしょうか。

でも、こちらから積極的に会おうというアクションまではできていなかった。
そうした人となぜか会う機会ができたり、こちらから誘ってみたいといった衝動も起こるはずです。

その理由がわからなくても、ちょっとした興味が湧けば我慢することはありません。
外出が難しければオンラインでもよいので、新しいコミュニケーションの取り方の練習と捉えてコンタクトをとってみましょう。

これまでなら考えられなかったつながり方で、新たな大切なご縁が見つかるはず。
小さなチャレンジがまた大きなチャンスを呼び込むのです。

ビジネス向けメールマガジンのご案内

日々成長し続けたいビジネスパーソンへ向けて無料のメールマガジンを配信しています!!
サイトと連動したビジネス向けコンテンツのお知らせや、日々の“気づき”を促す情報をお届けします。 
(配信日:毎月1日、15日)