株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

「やおよろずClub」発足の裏側で起きていた龍神からのまさかの無茶ぶり

先週のブログで、ATEAのサービスの根幹である「代理巡拝」についてお話ししました。
【代理巡拝とは】神旅®、やおよろずClub、全サービスの裏にある神様への根回し

今回は、その代理巡拝を重ねたうえで起きた大きなステージ転換と、それが新サービス体制「やおよろずClub」に繋がっていくというお話しをしていきます。そこにはいつものように、龍神からの無茶ぶりがあったのでした……。

代理巡拝と神旅®フォンスで気づいた大きな転換

まず、前回もお伝えしたように代理巡拝には
①膨大な情報をインストールする代理巡拝
②膨大な御神気が注入される代理巡拝

の2種類があります。

ちなみに①②は、どちらも巡拝後に眠くなるという特徴があるのですが、それにも違いがあって、
①は短時間深い眠りについて、寝起きがスッキリ!するような感覚。
②は高地トレーニングのような苦しさがあり、2~3日は使いものにならないほど眠くて仕方ない感覚です。


そして今年4月、神旅®フォンスのための事前巡拝をしているとき、久しぶりに①の膨大な量の情報をインストールしました。
「お、久しぶりに来た~!」と、この時点で何かが起きそうな予感。

今度の神旅®フォンスを最後に、おそらく内容をバージョンアップして、名前も変えるかもしれないなと、心構えをしました。

ところが、7月に神旅®フォンス信州を開催したところ、予想以上に今までと違うのです!全行程がスケジュール通りに進まない。なんせ参加者が瞬時にレベルアップしていくので、
「これは次の場所の神様では合わないな、プレゼン先をレベルアップしないと!」
と変更の連続。もちろん旅行会社の方と相談してご迷惑のかからない範囲内で、です。

これってどこに着地するのかまったく分からん~!というスピード感でどんどんレベルが変わっていく異例の神旅®でした。

「これは、通常のバージョンアップじゃないな」
舞台で例えるなら、ひとつの章が終わって場面転換し、大道具も小道具も刷新され、新しい衣装に着替えてさぁスタート!といった感じです。
つまり、ひとつのサービスをどうこうという話ではおさまらず、全サービスのやり方を変える必要が出てきたのです。

この時点で7月末。そこから怒涛の新サービス構築が始まっていきました。

新体制リリース直前に起きた龍神からの無茶ぶり

さっそくATEAチームで、新しいサービスに向けた準備に取り掛かりました。
構想も固まり、システム関係の準備、メルマガの原稿作成、お知らせ記事の内容もほぼ完成し、あとは9月9日のリリースを待つのみ。
そんな8月31日に事件(!)は起こりました。

その日は午後から最後のチームミーティングがおこなわれる予定でしたが、その前に久しぶりに知人と会う予定が。すると、その方の言葉を介して龍神からまさかの無茶ぶりが入ったのです(私はこれを「龍神ぶっ込み」と言っています)!

その言葉を聞いた瞬間「これだ!!!」と自分の直霊(なおひ:魂の核のような場所)が反応したのがわかったので、これに逆らうなんてできません。内容を変えないと!!

私はドキドキしながらミーティングに向かいました。

会議室に入ると「いよいよですね!」と、期待と安堵の表情を浮かべるATEAチームの皆さん。
そこに思い切って、ぶち込みました。
「あの~、サービス内容を初めから考え直したいのですが……(汗)」

・・・会議室がシーンと静まりかえりました。


その変更内容とは、有料会員のコースを選択するときに、お客様自身に選んでいただくだけじゃなく、こちらでその方の産土神と相談して個別リーディングをおこないオススメコースを提案するというもの。
つまり、最終的には2コースをご提案し、そこから選んでいただくというやり方です。


実はこのアイデアは、4月の巡拝でインストールしていた情報とリンクするものでした。情報はインストールすればすぐに使えるわけではなく、自分のものにするにはある程度のプロセスが必要です。その流れのなかで徐々に

「この情報は、本当に必要な方々にお渡しするものなんだ」というのがみえてきました。

この「必要な」というのは、本人でなければわからない部分も多々あります。
私が必要だと思ってお渡ししようとしても、「今は受け取れない状況」という方もいらっしゃるでしょうし、その逆もあるでしょう。だから、2コースから選んでいただく形が、うまくマッチしたのです。


それも踏まえたうえで、これからお伝えしていきたいと考えているのは「今まで出してこなかった情報」です。

今までの情報が「イチゴ」だとしたら、今後提供していくのは「スポンジや生クリーム」といった土台部分になります。イチゴだけでも使えるけれど、どうせならショートケーキにしたほうがもっと違う使い方ができるよね、というような情報を今後はお伝えしていきます。

なぜ「やおよろずClub」は9月リリースだったのか?

とはいえ、なぜこんなに急いで、9月にリリースしなければいけなかったのか。
本当は龍神月の8月リリースもアリだったのですが、現実を優先した結果、どう考えても8月は無理だと判断しました。(龍神たちもいつも「現実優先が大事」と言っています)

やってできないこともなかったのですが、ここで無理してしまうと、今年前半に意識して禊をしてきたことと反してしまいます。ぐっとこらえて、8月リリースはやめました。

となると、9月です。これ以上は延ばせませんでした。
というのも、来年の運気のためにもろもろ準備しておくには9月じゃないと間に合わないと思ったのです。

本来なら、年間プログラムの「龍使い®オンライン」が12月末まであるので、それが終了してから移行するやり方でも良かったはず。
ですが「龍使い®オンライン」はあくまで今年のプログラムなので来年のことを伝えることはあっても、“来年のため”のプログラムではないのです
ここに無理やり違う目的のものをねじ込むと、壊れてしまいます。

機械だってそうですよね。多少は機能を追加できたとしても、本来の目的に合わないものを無理やり追加するのは危険です。
なので、早めに「やおよろずClub」をスタートさせることにしました。

これほど「来年のため」にこだわっているのは、2022年こそが2020年代の勝負時のひとつだからです。この年の過ごし方が、2020年代終盤まで響いてきます。
ある意味今年までは、いくらでも迷ったり横道にそれたり立ち止まったりしても良かったんです。ですが、2022年は「決まっていく」年。それだけ濃い運気に突入していきます。

濃いものを自分のモノにするには、または心を決めるには、時間がかかるもの。だから早めに始めていかないと!という思いがあり(ほかにも諸々の理由があって)9月リリースとなりました。

なぜ年間プログラムじゃなくて月毎のプログラムなのか

年間プログラムではなく、月毎のプログラムに変えたのにも理由があります。

「龍使い®オンライン」は年間を通して行うものなので、「1ヶ月にお届けする分量はこれ」と確約していました。子供たちが取り組む、進研ゼミのような形です。

これを、月毎のプログラムに変えるとどうなるのかと言うと。
コースそれぞれ
「今回は高濃度だから、いつも3つある内容を2つに絞って届けよう」などの調整が可能になります。

たとえば「龍使い®オンライン」の場合。
月に2回の動画配信で、アップアップされている方もいらっしゃれば、果敢に挑戦するあまり他の時間を削ってしまっている方、どんどん課題をこなして物足りなくなっている方など、さまざまな状況の方がいらっしゃいました。
もちろんご自身のペースで構いません。今年のプログラムは来年末までご視聴いただけますので。

とはいえ、今から2ヶ月間かけて取り組んでほしいという内容もなかには出てきます。
そこで、月毎の「やおよろずClub」では、そういった意図をお伝えして「来月の内容は一個減らすので、その分今月お伝えする情報は2ヶ月かけてがっつり取り組んでほしいです」(これは極端な例えですが)といった変動式でお伝えしていきます。

つまり、気軽に取り組めるものから、しっかり取り組んでほしいものまで、いろいろと調整して届けられるのが月毎プログラムのメリットです。
これにより、お客様はよりご自身に合った内容、カスタマイズに近い内容を受け取りやすくなりますし、取り組みやすくもなるだろうと期待しています。

まとめ

以上が、ATEAの新サービス体制「やおよろずClub」発足の裏側です。
急ピッチで作業を進めたため、情報発信が足らなかった部分もあると思いますが、それでも想いを汲み取ってくださったお客様には、たいへん感謝しております。
実は裏で、こんなことが起きていました。。。

そして、ATEAのサービスをまだ本格的に受けたことがないという方にも、サービスの特徴をイメージしていただけたらなと思い、今回の記事をまとめてみました。
今後サービスを検討される際に、お役立ていただければと思います。

「やおよろずClub」お申し込み方法

ATEAのサービスは、会員制となりました。「やおよろずClub」には、無料会員と有料会員(月額制)の2種類があります。

無料会員(ATEAのメールマガジン)登録はこちらからご登録いただけます。


有料会員は毎月1日~8日が仮申し込み期間です。詳細はこちらをご確認ください。