株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

そして伝説へ 神旅®︎フォンス 信州 第一幕

パートナースタッフ の古川です。
今回は7月10日〜11日に開催した。
神旅®︎フォンス 信州第一幕を振り返ります。

今回もソーシャルディスタンスを保つため、大型バスで移動
当初、天候は雨模様の予想から曇りそして晴れへと変化
実は、集合場所でミステリースポットの変更がありました。

とすでに始まる前から予告編が始まっていたのかもしれません。

今回の神旅®︎は今まで、いろんな伝説がありましたが
それを塗り替えるような神旅®︎となりました。

ミステリースポットのレアなポイント・参拝の仕方などについては
今回参加の皆様のみが知るところとなりますので、
それ以外のことについてレポートをお届けします!!

まずは最初に伺ったのは

生島足島神社


生島足島神社について

御祭神
生島大神 (いくしまのおおかみ)
足島大神(たるしまのおおかみ)

生きとし生けるもの万物に生命力を与える「生島大神」と、
生きとし生けるもの万物に満足を与える「足島大神」の二神が祀られ、
摂社(下社・下宮)には諏訪大神が祀られる
信濃屈指の古社です。

創建の年代については明らかではありませんが、神代の昔、
建御名方富命(たけみなかたとみのみこと)が諏訪の地に下降する途すがら、
この地にお留まりになり、二柱の大神に奉仕し米粥を煮て献ぜられてたと伝えられ、
その故事は今も御籠祭という神事として伝えられています。

生島神は生国魂大神、足島神は足国魂大神とも称され、共に日本全体の国の御霊として
奉祀され、太古より国土の守り神と仰がれる極めて古い由緒を持つ大神であります。

(HPより)

神旅®︎フォンスはスタートからすでにグループ分けがされています。
今回はどんなチーム名になって
それぞれの課題はどんな課題になるのでしょうか?

神旅®︎はRPG(ロールプレイングゲーム)と同じように順番・場所が重要
実際に宝箱を手に入れるには、ここに行って、この場所であることをして
そして次の場所に行くことで開く扉の先に宝箱がある

今回は特に体感しました。

日香理ポイント

日本の中央・日本の真ん中と書いてありますけれど、これはただ
その文字のままではないんです。

神社というとそのスポットだけ、点としてみてしまいますけど、本当はその土地・
その地域・その国という目的に合わせてどのエリアで見るかという視点が大事になるんですね。

その意味でここに書いてある日本中央というのは点ではなく、ある一定のエリアを
表しているんです。
それはこの生島足島神社だけではなく、今回の神旅®︎フォンスで巡っていく信州という
土地そのものがそのエネルギーを宿している場所ということなんですね。

この神社は見えたまま他の神社のように参拝するような神社じゃないんです。
それは神旅®︎の中でも都度都度お話ししていますけれども、
目に見えるものが全てということではないんですね。

もちろん目に見えないものが全てということではありませんよ。

大事なのは目に見えるものも、目に見えないものもバランスしているということです。

そのバランスを考えたときにこの生島足島神社は日本の中でビジネスをしよう、
より豊かな生活をしようという方にとっては外せないレアポイントがある神社なんです。

何がレアポイントかと言うと、あそこをご覧ください。

この朱色の鳥居、青空に映えるでしょ。

先ほどもお伝えした通り、この神社はいわゆる普通の神社のように参拝すると
それは観光参拝になりやすいんです。

だからこそ今回の神旅®︎フォンスだけでお伝えしたように、巡る順番やそのスポット、
スポットで何を祈るか?
と言うことも大事になってくるんです。

そしてそれは今回ね、フォンスと言うことで2日間変わらぬチームと言う形で
同じ課題を持つ方々をチーム分けさせていただきましたけど、課題は夕飯時にゆっくり
お話しさせていただくとして、チームごとに祈り方も、参拝の方法も、参拝する場所も
変わってくるんですね。

実際にさっき違ったでしょ?

一見するとこの神社の境内は軽く一周できて、清々しい信州の風だな、爽やかだなと
感じていただいて、終わりになるんですけど、神旅®︎フォンスならではでお伝えした通り、
実際の境内と目に見える境内は違うんです。

なので、お祈りするときはチームごとにイメージするものも、全て違っていましたけど
目に見えるものと、目に見えないものをバランスさせて参拝をすると言うのを教えてくれる
場所なんですね。

生島足島神社の後は、直会 ランチ会場へと移動です。
今回はこちらでは有名な鯉料理を

前回の日帰りバスツアー紀州の時にも、ランチ会場の近くに神社があって
急遽参拝しましたが、こちらのランチ会場の近くにもお寺がありました。

有名な○○○○地蔵
こちらは風の時代へと颯爽と進んでいきたい方は
各自参拝となりました。

門前では市も行われていました。

直会ランチ
私たちの到着まではピンピンしていた鯉をそれぞれの調理法で
こいこくは滋養強壮スープ、免疫アップ!!
あらいは臭みもなく甘みがあるので醤油でいただけると言う
初めていただいたのですが、どれもとても美味しかったです。

みなさん、鯉をいただいて龍になる!!
登竜門です。

ランチ直会の後はミステリースポット2箇所
ここから怒涛の変更が始まります。

もともとくる場所ではなく
しかも間に5ステップくらいはあったようですが、
それをショートカットして今回の参拝となりました。

日香理ポイント

ショートカットというのは、山道を登ろうとした時に、くねくねと傾斜が緩い道を
長い時間けかけて歩くのか?

それとも、山に向かって一直線の山道を傾斜45度以上だけど、どうすんの?
なんなら四つ足状態で登るのか?の違いです。

そして、今回の皆様はまっすぐ登るということを生島足島神社で選ばれたということです。

神旅888クラブのメンバーの皆様は改めて以前の動画の内容を思い出していただきたい
ですけど、未来が先です。

つまりすでにこちらに参っているという未来が先にあって、それは本来の5月開催では
あり得なかったし、様々な要因の中でこの快晴の中 太陽の恵みを実感しながら、○運って
こういうことよねという場所をすでに参っていたんです。

本当に行くためにはまだ5ステップ必要だったけど、生島足島のお参りがあまりにも素晴らしくて行けちゃったということです。

これが、お祈りが届いたということなんです。

本来なら変更はしないんです。

そして、ミステリースポットの場所はわからないので、最初からこの場所でしたというのでも
済むんです。

でも想像の斜め上を行くかのような、それを動かしたのは、参加した皆様だということを
自覚を持っていただきたいんです。

つまり、見えたり、聞こえたり、感じたりしてるかどうかはどちらでもよくて、
現実が変わったんだということです。

晴れになったのもそう
行く場所が変わったのもそうということなんです。

私がスタッフとして、御朱印をいただいているのですが、
基本こちらの社務所は日香理さんでも今まで1回しか開いていなかったので
今回はリストから外していたのです。
ですが、、、開いていたので急遽御朱印がご入用の方にはいただくことが
できました。


2箇所めの変更からいつもなら日香理さんが調整をして
予定通りの3箇所めにいくのですが、それも急遽予定変更

そしてその場所は日香理さんが17歳の時に
龍神たちが「この場所に、必要な人たちを連れて来て欲しい」と言った
場所でした。

その事についてはこちらの記事で

3箇所目のミステリースポットについても今回の参加者さんのみ
この場所では、晴天からの雨、そして霧と
龍神が大自然であるということも体感ができる時間となりました。

写真を撮るときのみマスクを外してます



急遽、雨に見舞われて山越えをしてこの日のお宿へ
宿に着く頃には、諏訪湖と綺麗な夕日を見ることができました。

夕飯時にはチームごとそれぞれのテーブルに日香理さんが行って
チームのテーマや課題についてコンサルが行われます。

そして、この夕飯時にオプションではありますが、
直霊酒を日香理さんが作ってくださいます。

毎回、神旅®︎テーマによって変わる神旅®︎フォンスならではです!!

今回の1日目は終了です。

神旅®︎フォンスは1泊2日の行程
引き続き斜め45度をいく 2日目のレポートもお楽しみに


メルマガ

メルマガ

ビジネスメルマガ
【あなたのビジネスを加速する】神脈力®を高める論理派スピリチュアル

●一般メルマガ 
龍の背中に乗る!心のカタチを整える。ATEA運気アップ↑メールマガジン