株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

【2021年の運気情報】今年開運できる人の特徴、気を付けたい行動とは。

明けましておめでとうございます。2021年、令和3年がスタートしました。
今年はどのような1年になるでしょうか。せめて昨年より穏やかな一年になって欲しいと願いたいところですよね。しかし、今年も運気上では注意が必要な年になりそうです。
そこで今回は龍神たちから教えてもらった、2021年の運気情報や2021年に開運できる人の特徴、気を付けたい行動などについてお話します。

2021年の運気とは

まず、大前提として言わなければいけないことがあります。
2021年は、ネガティブに巻き込まれやすい1年になりそうです。
いきなり不安を煽るような言い方になってしまいましたが、一見悪そうなことを適切に対処すれば、大きなチャンスに変えることができる1年でもあります。

  • ●ネガティブに巻き込まれる人にとっては、一喜一憂する年。
  • ●チャンスに変えられる人にとっては、やっと自分の時代になったと体感しやすい、希望を見出せる年。


という特徴があるのです。

では、そもそもなぜネガティブに巻き込まれやすくなるのかというと、時代が変化するにあたり、一時的な「停滞」が起きるから。
加えて、さまざまな噂や情報が溢れると、どうしても人は不安な方へ流されてしまいます。

前もって「今年は不安な情報に流されやすい年だから、注意しよう」と心の片隅に留めておき、いざ不安が襲ってきても落ち着いて自分を取り戻せるようにしておきましょう。

2021年に気を付けること

2021年は「パラダイムシフト元年」と言える年になりそうです。
ウイルスによって世界的に社会情勢が変わった2020年は、そのファンファーレだったと言えるでしょう。

2021年は変化の状況を見定めつつ、
「どうやら世間はこっち方面に行くらしい!」
という方向性が徐々に見えてきて、本格的にシフトしていく最初の年となりそうです。

しかし、変化が始まるとはいえ、まだベクトルは正確に定めっていません。
進む方角が決まっていないということは、私たちは冒険へ旅立つのをもうすこし待つ必要があるということです。不安に流されて要らないものに手を出したり、慌てて旅に出たりしないように気を付けることがポイントになります。

※すでに運気を先取りし、準備をしっかりしてきた!という人は今年旅立った方が良い場合もあります。

今年のうちにやっておきたいこと!

例えば、山に行くのか?海に行くのか?
これが決まらなければ、装備する物も、パーティに誰を連れていくのかも決められませんよね。

旅に出るためには、目的地を決め、それに応じた装備や仲間をそろえていくことが必要です。
では具体的に、今年のうちにやっておくべきことは何でしょうか。
それはまず、自分の考えを深めること。

「自分はどっちに行きたいのか?」
「東に行きたいのか?西に行きたいのか?それとも宇宙に行きたいのか?」

改めて、自分がたどり着きたい所はどこかを、じっくり考えてみてください。
これは、運気が停滞する2021年だからこそできることです。

今すぐ正解を出す必要はなく、中間回答で大丈夫。
「自分はどうしたいの?」
この問いを立てること、そして考える習慣を身に着けることができれば、世間に巻き込まれず自分にとって最適なものを掴めるようになります。

2021年に開運できる人とは

では、2021年はただ耐えるしかない辛い一年なのかと言うと、そうではありません。
そもそも「停滞」「下降」=「運が悪い」という方程式が今年は当てはまりません。むしろ、「ピンチはチャンスである」と思って行動できる人には、多大なるチャンスが巡ってきます。

2021年に開運できる人は、運気が停滞しているからと言ってただ待っているのではなく、チャンスに変えようと思って準備・行動できる人です。

人生は旅。旅立ちの瞬間はいつか必ずやってきますが、今はその中継地点だと思ってください。
パラダイムシフトを受けた今、いったんこれまで持っていた装備を置いて目的地を再確認し、今後どの装備を持っていくかを改めてじっくり考えていきましょう。

必要なのは「安心感」を得る感性

ここで、次のように思った方もいるかもしれません。

いくら「停滞しても大丈夫」「ピンチをチャンスにすることが大事」と言われても、いざとなった時にそれが出来るか心配だ、と。

確かに、この不安定な時代に自力だけで立っているのは難しいことです。
そこで圧倒的に必要となるのが、自分は護られているという安心感。
龍神や見えないご存在、神様はいつもあなたを護ってあげたい、助けてあげたいと思っています。そのことに気付ければ大きな安心感を得られるはずです。

ですが、普段から論理性に偏っている人にとっては感じにくいことかもしれません。論理性と同じくらい、感性も重要な要素。一朝一夕には培えないですが、少しずつ感性を活性化させていきましょう。

魂・心・体は繋がっています。しかし魂や心から伝播されたものが、物理的に体現されるためには神経や筋肉を鍛える必要があり、時差が発生するものです。
たとえば、右利きの人が左手で歯磨きをするのは、簡単ではありません。普段は無意識にできていたことが、急にできなくなるのです。しかし3ヶ月も経てば、かなり自然に磨けるようになります。
このように、意識して取り組めば少しずつ回路ができ行動につながります。

今年はじっくり考え、学び直すのには最適な1年。感性が鈍っていると思う人は、ぜひこの機会に活性化させていきましょう。

さいごに

圧倒的な安心感を得たい人、ネガティブに巻き込まれたくない人には、最新の運気情報をお伝えする『龍神指針2021上半期』オンライン講座がおすすめです。

本講座では

  • ●「停滞」「降下」していく2021年、実際にどういう実感・体感になるのか
  • ●陥りやすい罠(感情)とは


などを詳しくお伝えしていきます。
特に今年の上半期は、陥りやすい罠があるので注意が必要です。

龍神たちから教えてもらった運気預言は、罠にはまってもいち早く切り替えて軌道修正していくための指針になります。運気の晴れ間がやってくる2022年に向けて、大きく飛躍するための道筋を、ここでしっかり掴んでおきましょう。