株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

【神旅®Q&A】歴史が苦手でも大丈夫?3つのコースの違いは?

全国の聖地で、「人生を変える旅」をテーマに開催している神旅®。
旅を通して現実世界での課題を明確にするのと同時に、見えない世界との関わり方もお話しさせていただくのですが、それ以外にも大切な要素があります。それが、その土地の歴史や地理を知ること。
今回は、なぜ神旅®では歴史について教えるのか、3つのコースにはどのような違いがあるのかなど、よくある質問についてお答えしていきます。

≪関連記事≫
「人生を変える旅。「神旅®」はなぜ普通の参拝と違うのか」
「神旅®実体験「帰宅した瞬間、すでに次元が変わったことに気付きました」」

神旅®で歴史や地理についてお伝えしている理由

「Q. 歴史は苦手だけど大丈夫ですか?」

というお声をいただくことがあります。これはもう、まったく問題ありません!

神旅®でお伝えしているのはいわゆる“学校で習う歴史”とは違うからです。年号や固有名詞を暗記する必要はありませんのでご安心ください。

では、神旅®で歴史を伝える目的やその内容は何なのかをお伝えしていきます。


歴史を伝える目的 ①
歴史に目を向けるようになると、実は精神的にタフになれます。
これは日本のルーツを知ることで、「自分にもルーツがある」ということに気付くから。

私たちはある日突然、土から生まれてきた訳じゃないですよね。例外なく両親の存在があったからこそ生まれてきて、その両親にもそれぞれ両親がいます。どんなに孤独を感じても、個の時代が進んだとしても、私たちは過去から繋がってきた存在だという時点で「ひとり」ではありません。

そして、誰もが脈々と受け継がれてきた歴史の上に存在しているんだということに気付けば、精神的にタフになれます。たとえどんなハプニングに見舞われたとしても再び立ち上がれる七転八起の精神が身につくのです。

泥臭く聞こえるかもしれませんが、どの時代においてもハプニングは付き物。未来を創造していくタフさは必要なのです。

歴史を伝える目的 ②
もう一つの目的は、未来を変えるためのスイッチを入れることです。

先人たちは、見えない世界の力を作動させる場所として神社仏閣を整えてきました。しかしただお参りすればその力が発動するわけではありません。

たとえばその場の地形や、創建の経緯を調べ
「先人たちはどうしてここに神社を建てたのだろうか」
と想いを馳せることが、聖地のエネルギーにコンタクトを取ることになり、自力や他力を発動させるスイッチになるのです。


いかがでしょうか?
このように今を生きる自分との繋がりを感じながら紐解いた歴史をお伝えしていくのが神旅®です。これが他の参拝ツアーや観光ツアーとは大きく異なる特徴なので、ぜひ実際にお越しいただいて体感していただければと思います。

神旅®は、○○×○○によって影響力が変わる

「Q. 3つのコースにはどのような違いがありますか?」

という質問をいただくこともあります。神旅®のコースをご説明すると
 ●神旅®ベーシック(約2時間)
 ●神旅®日帰りバスツアー(1日)
 ●神旅®フォンス(1泊2日)
というコースがあり、それぞれ滞在時間や参拝箇所数、食事や宿泊の有無などが異なりますが、他にも大きな違いがあります。


各コースの違い ①
まず、インストールの濃度が変わってきます。

人間は、一緒にいる人の影響を必ず受ける生物です。そしてその影響度は、時間と比例することが脳科学的にも証明されています。
ですから「人生を変えたい」「より良くしたい」という変化を望むなら、すでに叶っている人や環境に身を置いて影響を受けるのが一番効果的。

特に日本人は「まわりに順応する力」や「見て覚える能力」が高く、古代から生活にその技を取り入れてきた民族なので、長い時間を過ごせば過ごすほど高濃度でインストールするという性質を持っています。昔ながらの「仕事は見て盗め」精神も、こういった能力があったからこそ。

つまり神旅®も、長時間滞在するほど沢山のことを見て聞いて感じて、新たな「視点」や「考え方」を高濃度でインストールできるということです。
※もちろん、「見て盗め」なんて言いません(笑)。フラットな関係性でお伝えしていきますのでご安心を!

コースの違い ②
次に、参加メンバー同士のご縁の深さが変わってきます。
これはただ単に長時間一緒にいたからご縁が深まるのではなく、実は食事の回数が肝なのです。

現代では、食事に毒が盛られているかも?!なんて考えませんが、昔からの性で人間は「一緒に食事をとる=信頼が増す」という構図を無意識に持っているのです。ですから、たった一度の食事で一気にコミュニケーションが取りやすくなったりします。

特に参加者を複数のチームに分ける神旅®の場合、チームごとにとる食事は特別です。なぜなら何かしら共通のテーマを持った人たち同士が集まることが多いから。

お互いの体験談をシェアすることで自分一人では気付けなかった視点が増えていき、結果的に「こんな捉え方もあるのか」と選択できる未来が増えることに繋がっていきます。


このように3つのコースは、ただ滞在時間や食事の回数が違うだけではなく、得られる気付きの濃さやご縁の深みが変わっていくというイメージです。

まとめ

今回は、神旅®に関する質問にお答えしてみました。

歴史や地理に明るくないからついていけるか心配……なんてことはまったくありませんので、どうか構えずにご参加くださいね。
また「内向的な性格なのでチームは心配」という人もいらっしゃいますが、内向的な人は、内省的な知性に富んでいるという素晴らしさがあります。決して外交的である必要はありませんので、その点もご安心ください。

参加者の産土神やご先祖様など、多くの見えないご存在たちの後押しによって開催されるのが神旅®です。
より詳しい情報や今後の開催予定は、サービスサイトからご覧ください。