株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

確実にチャンスを掴む『振り返りの法則』とは。

以前ブログで「年末年始の過ごし方」をについてお話しした際、「振り返りの大切さ」について少し触れました。
【年末年始の過ごし方】来年を左右する5つの開運アクション
激動の運気となりそうな2021年を前に、龍神たちも、振り返りの重要性についてメッセージを伝えてきています。そこで今回は、なぜ振り返ることが大切なのか。そして、それを積み重ねることがチャンスを掴むための準備になる理由をお話しします。

チャンスを掴むには振り返りが効く

人間は日々、変化している生き物です。成長する部分がある反面、退化する部分も出てきます。

例えば、Aさんと会う頻度が増えれば、その分他の人と一緒にいる時間は減りますよね。
同じように自分自身の意識も、Aに意識が向いていれば、その分他のことには向きにくくなります。
こういった変化は意識して見つめていかないと、いざチャンスが降って来た時に、自分をうまくコントロールすることができません。

人は、望んでいたチャンスが来た時ほど浮かれてしまい、怖気づいてしまうもの。だからこそ、自身の内面の癖を知っておくことが必要なのです。

例えば、

  • ・どういう時に不安に巻き込まれやすいのか
  • ・どんな状況になると怖気づいてしまうのか
  • ・陥りやすい思考癖はあるか
  • ・焦った時の振る舞いの癖は


こういう傾向を知っておけば、冷静に自分をコントロールすることができます。
いざチャンスがやってきてから、内面を見つめようとしても冷静になるのは難しいものです。

これを読んでくださっているあなたには、ぜひ「振り返り」を習慣化させておくことが、チャンスを掴むための準備になるということを知っておいてほしいです。
振り返りを積み重ねていけば、結果として自分で自分の取扱説明書の一部を作ることができ、ピンチの時の対処法や、チャンスの掴み方が分かるようになります。

状況や経験によって、あなたの思考は変わる

ここで、私の振り返りの歴史を紹介させてください。
私は小さい頃から2010年くらいまで、頻繁に「自分は何のために生まれて来たのか」「どんな特徴があるのか」を振り返ってきました。

統計学や分析学で自分自身を調べたり、他者の力を借りて見てもらったり。
ストレングスファインダー®(アメリカのギャラップ社が開発した、人の「強みの元=才能」を見つけ出すツール)を使って毎年診断していた時期もありました。診断結果は、毎回変わらない部分もあれば、診断の度に多少変化する部分も。なぜ変わるのだろうと考えた結果、その一年間で取り扱ってきたセミナーのテーマだったり、経験してきたことだったり、付き合う人だったりが影響していることが分かってきました。
人間は、その時の状況や経験してきたことによって、思考の癖が多少変わるのです。

最近は、診断し直すことはなくなりましたが、年に一回、もしくは大きな巡拝を終えた後には自分で振り返りをするようにしています。

おすすめの振り返り方法

私の場合は大巡拝の後に振り返るという習慣がありますが、皆さんも同じように、何か衝撃的な出来事があった時や、このカフェに行ったら必ず振り返りの時間を作る、といった簡単なマイルールを作っておくと良いかもしれません。
もちろんできる人は、毎日振り返ってみることをおすすめします。

振り返る時のポイントは、「何を感じているのか」という“反応”をしたためること。起きた出来事を、日記のように詳細に記録する必要はありません。自分の内面がどう動いたかを、記すことがポイントです。

年末年始は振り返りのタイミング

最後に、年末年始の振り返りがなぜ必要なのかをお伝えします。

運気が切り替わる年末年始は、一年間の自分の変化を振り返るのに適したタイミングです。
特に2020年は、年始に立てた目標通りに事を進められなかった人が多いはず。ですが、そんな中でも「何とか乗り越えてきた」「オンラインに慣れることができた」といった変化もきっとあったと思います。まずはそのことを、認識して欲しいのです。

こうして自分の変化に気付くことができれば、精神的にタフになることができます。
2021年もまだまだ運気の不安定さが続くので、今のうちからタフさを身に着けていきましょう。

ちなみに、この振り返りをしないまま目標を立てようとすると、実はもうできるようになっているのに、毎回目標に掲げてしまう……なんてこともよくあります。同じところをグルグル回らないで効率よくステップアップしていくためにも、振り返りはおすすめです。

具体的な年末年始の振り返りのポイントは
【年末年始の過ごし方】来年を左右する5つの開運アクション 
もしくは、振り返り用のノートになっている
龍神とご縁を結ぶ「龍使い®」ノート
を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、チャンスを掴むために効く「振り返り」について紹介しました。振り返りの習慣は、自分の資産に気付くためにも、自分自身をコントロールしていくためにも、とても有効な方法です。
ぜひ、自分の内面に興味を持つという視点で、振り返りの習慣を作ってみてください。

特に2021年は、一見ピンチ!と思える出来事がまだまだ続くと思います。そんな時でも、自分の取扱説明書があれば、落ち着いて行動できるようになるはず。

今からでも遅くはありません。ぜひ「振り返り」の習慣を持って、確実に夢に近づくチャンスを掴んでいきましょう。