株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

【龍の色】あなたに必要なのは何色?色を使った龍コミュニケーションとは

2016年2月5日に『「龍使い」になれる本』を出版させていただいてから、まる5年以上が経ちました。おかげさまで先月増刷が決まり、累計11万部を超えています。これもひとえに読んでくださる皆様のおかげです。ありがとうございます。発売初年度にいっきに部数が伸び、その後も毎年増刷をつづけている『「龍使い」になれる本』。この伸び方をみても「まさに龍の勢いだな」と感じています。そこで今回は、感謝をこめて本著でも触れている「龍の色」についてご紹介します。

なぜ『「龍使い」になれる本』を出版したのか

龍たちは、いつも私たちの成長を後押しし、応援してくれている存在です。
では、なぜ龍たちは人間の成長を応援してくれているのでしょうか。

そもそも龍とはどのような存在かというと、地球を守護している存在で、「龍神はこわい?やさしい?応援されたいなら知っておこう!【本当の龍神の顔】とは」でも触れているように、自然界のバランスを保ち、持続させようとしています。
そして、「地球を守りたい」というプロジェクトのために人間と協働したいと思っているのです。

しかし、急に「協働していきましょう」と言っても無理ですよね。たとえば人間同士も、お互いのことをよく知らなければ、何が得意な人なのか、何が不得意な人なのかわからないので、協働しようがありません。別人格の者同士が力を発揮し合うためには、コミュニケーションが不可欠なのです。

だから龍たちも、まずは自分たちのことを知ってほしいと願っています。そのための基礎本として出版したのが『「龍使い」になれる本』です。

龍の色の基礎をおさえよう

本著の内容はベーシックなものです。龍についてもっと細かく見てみると、色や格の違いは細かく分かれます。

何事もそうですが、基礎をおさえておかないと、細かな情報や応用も使えず、知識を知恵に変えることもできません。「あいうえお」が読めなければ「五段階活用」を習っても使えないのと同じように。

そこで、まずは『「龍使い」になれる本』を通して、龍はどういう存在なのか、どんな人が龍使いになれるのか、龍の背にのるとどんな変化が起きるのか、龍にはどんな色があるのか、それらの基礎を知って欲しいと思います。

少し触れておきますと、龍には大きく「天龍」と「地龍」という存在がいます。

●天龍・・・自分の外側に関わるエネルギー
●地龍・・・自分の肉体や内面に関わるエネルギー

という大きな違いがあり、それぞれのグループの中に身近な龍もいれば格の高い龍もいます。
天龍グループで一番身近な龍は「青龍」、地龍グループで一番身近なのは「紅龍」です。

では青龍と紅龍は、どのようなエネルギーをもっているのでしょうか。

●青龍・・・出会い運や仕事運をあげ、望む未来へつれていってくれる(外界に関すること)
●紅龍・・・心身のネガティブをはらい、生活基盤をととのえてくれる(内面に関すること)

という違いがあります。

『「龍使い」になれる本』をお持ちのかたは、2つの龍の違いや、そのエネルギーとつながるワーク、イメージの仕方など読み直してみてくださいね。

色を意識して日常的に龍とコミュニケーションをとる

このベーシックな知識をおさえたうえで、どんなふうに「色」を活用していけばいいのかお教えします。

あなたがもし「紅龍を見たい」、「紅龍のエネルギーがほしい」と思うなら、「紅色」のものを取り入れてみましょう。ちなみに「紅」といっても、冬っぽいダークな紅なのか、パッと明るい紅なのかで全然違いますよね。あなたがそのとき一番フィットする色がきっとあるはずです。その感覚を大事にして「紅色」を取り入れてみると、より紅龍のエネルギーが循環しやすくなります。

「龍をイメージしてください」と言われると、どうしても龍の「形」をイメージしてしまうと思いますが、日常の中に龍の姿に似たものや、龍の形をしたものは多くはありません。でも「色」であればどうでしょう。世界はさまざまな色で溢れています。今あなたが使っているスマートフォンにも、今日来ている服にも、かならず色があります。

「紅龍を循環させられるアイテムだな」
「青龍のエネルギーを取り入れられるアイテムだな」
と思って色を取り入れてみてください。

私もネイルを新しくするときには「色」を意識します。同じ青色でもそのときピンとくる青は微妙に違うもの。そこに意識を向けて、また取り入れたい龍のエネルギーも意識して選ぶようにしているのです。

こうして、日常的に龍のエネルギーを取り入れ、それを循環させれば、龍とコミュニケーションをとっていると言えるのです。

惹かれる色があるとき

「最近妙に紫色が目に入る」といったように、気になる色、惹かれる色が出てくるときがありますよね。

そんなとき、運気はどんな変化を起こしているのでしょうか。考えられる理由は二つです。

① 龍神が、あなたを今より半歩先のエネルギーまで進ませてあげたいとき。
新しいエネルギーを蓄えているとき、人は新しい色に惹かれます。ある一定までは蓄えることができているけれど、完全には自分で生成できないため、外から「色」というエネルギーを借りて補おうとしているのです。そして完全にエネルギーがたまったら、次のフェーズに進みます。

② 自分の魂が次のチャンスを予知しているとき。
次にやってくるチャンスをつかむため、受け止めるためにはパワーが必要です。イメージとしては、大玉が坂道から転げ落ちてくるのを受け止めるようなもの。これにはパワーを要するので「色」の力を使ってチャージしているのです。

つまり、新しい色に惹かれはじめたら「変化の前兆」です。

このとき「待つべきなのか」「自分から進んでいくべきなのか」は、その人次第。あなたのこれまでの経験を振り返ってみればわかるはずです。自分の過去のなかに、答えにつながるデータがあります。そこを参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、「龍の色」や、日常で使える龍エネルギーの取り入れ方について紹介しました。龍の色には次のような考え方があります。

  • ・龍のグループは大きく「天龍」と「地龍」に分けられる
  • ・天龍グループの身近な龍は「青龍」
  • ・地龍グループの身近な龍は「紅龍」
  • ・そのときピンとくる色を取り入れよう
  • ・気になる色がでてきたらそれは変化の前兆


今回お伝えした「龍と色」に関する情報はあくまで基礎的なものです。それを現実で活かしていくためには、自分の現実・経験と照らし合わせて応用させていくことが大切です。それが見えない世界を、見える世界に活かしていくということ。龍神は現実をよくしていきたいと行動する人を応援してくれていますよ。