株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

【後押ししてくれる龍神が変わった】変化はどのようにやってくる?変わったサインは?

人間の変化・成長を応援してくれる龍たち。彼らはリーダーとなる龍神を中心に、プロジェクトチームのような体制で私たちの成長を後押ししてくれています。
後押ししてくれる龍神は、一生同じというわけではなく、その人の成長に合わせて変わっていることもあります。では龍神が変わるとき、どのようなサインがあるのでしょうか。皆さんも思い返せば「あの時かな!」とピンとくる出来事があるはず。ぜひ参考にしてみてください。

10年使い続けたホワイトボードとの別れ

後押ししてくれる龍神が変わるとき、「そろそろ変わるよ!」といった事前のお知らせや、「今変わった!」と分かるようなサインはほとんどありません。
後から振り返ったときに「そういえばあのときかな」と気付くような緩やかな変化が特徴です。

たとえば私の場合、このような出来事がありました。

つい先日、約10年使い続けてきたホワイトボードを手放しました。
オフィスを構えるようになって2ヶ所目となる東銀座に引っ越したとき、あちらから「ホワイトボードが必要だ」との指示が入り、いろいろ検討して購入したこだわりのホワイトボード。そこから10年使ってきたのですが、数ヶ月前にふと「そろそろお別れのタイミングかな」と思ったのです。

もともと購入した時の目的に合わせてエネルギー調整をしていたのですが、その器が今後の目的には必要なくなったなと、ふと理解しました。
決して邪魔になったわけではなく、ひとつのお役目が終わったという感じです。

そこで、1ヶ月ほどかけてそのホワイトボードに宿った神様にお礼をするなどして、つい先日お別れをしたばかり。
そしてこれが、後押ししてくれる龍神が変わったサインだと、後になって気が付いたのです。

龍神の変化は後から気付くもの

後押ししてくれる龍神が変わるときは、その格にもよりますが、格が上がれば上がるほど、そしてその差が大きいほど大きな変化が訪れます。

ですがそれは、「アクシデント(後押し)が起きた」「チャレンジする機会がやってきた」というような分かりやすいものではなく、「あらためて振り返ってみると、あれは自分にとって大きな変化だったな」と思うようなものばかり。渦中にいるときは、あまり変化は感じないという特徴があります。

あからさまな変化が起きるときは、龍神の変化というより、あなたの自力後押ししてくださった方々の他力が現象化したという場合がほとんど。あくまで龍神の変化は緩やかで、その延長線上におおきな変化があるというイメージです。

ふと○○という変化がサイン

では、過去を振り返ってみて、いつ龍神が変化したのか思い出してみましょう。
このような経験はありませんか。

  • ・一生お付き合いしていくと思っていた人と離れることにした
  • ・ずっと住み続けたいと思っていた土地から動こうと決めた
  • ・この仕事一本だと思っていたが他の仕事もするようになった
  • ・なにがあっても手放さないと決めていたアクセサリーを人に譲った


いかがでしょう。
無理して離れよう!移動しよう!手放そう!とするのではなく、ごく自然に、さわやかな優しい風がスーッとそよぐように「ふと」変化していったことはありませんか。

なんの抵抗もなく長年抱えていたものを手放して切り替えた経験があれば、それは後押ししてくれる龍神が変わったサインです。

成長とは自分に課している制限を解いていくこと

手放すものは、目に見えるものに限らず心の問題であるときもあります。
人は気付かぬうちに、自分で自分に鎖をかけたり、自分はこの程度だと制限をかけたりしていることがありますが、あるときからなぜか

  • ・自然と自分を許せるようになった
  • ・思い込みを手放すことができた


という変化が起きることがあります。これは、龍神の変化した大きなサインです。

実はこういった心の制限を解いていくことが、その人の成長におおきく繋がります。
すると当然、後押ししてくれる龍神もガラッと変わるのです。(龍神が変わったから制限が解けたという場合もあります)

なぜ龍神の変化は気付きにくいのか

大きな成長に繋がる龍神の変化ですが、なぜ、渦中にいるときは気付きにくいのでしょうか。そこには、ちゃんとした理由があります。

私たちは、大々的に「変わりますよ!」と言われると、つい気構えてしまいがちです。
これでは肩に力が入ってしまい、龍神にとっても人間にとっても、スムーズに力を発揮することができません。そこで龍神は、事前のアナウンスをすることなく変化しておくのです。

風の時代は、力をかけて無理やり変化していく時代ではなく、風が心地よく吹くように、水が上から下に落ちるように、自然と変化していく時代です。
もちろん力技で変化することもできますが、これでは反動が起きるため、あまりおすすめできません。

これからの時代は、あくまで自然体が大事。龍神はもともとそれを体現している存在なので、龍神とともに変化・成長するときは、私たちも自然体であることがポイントです。

ですから当然、新しい龍神に挨拶しなければ失礼!ということもありません。
後から振り返って気付いたときに「よろしくね」「ありがとう」と挨拶すればOK。

神棚がある方は神棚に向かってご挨拶をするのもいいですし、まだ整えていない方は窓から空に向かってご挨拶するだけでも、彼らには十分伝わっています。

まとめ

今回は、後押ししてくれる龍神が変わったときのサインについてお話ししました。

私たちは、さまざまな経験が連鎖して絡み合っていくことで、じんわりと変化していきます。
そしてなにより、精神的な成長をしているのです。それは目に見えないものなので、いつ変わったのか分かりにくいですが、だからこそ過去の出来事を振り返れば、自身の成長にも気付けると思います。

この機会にぜひ、過去にどのような変化があったのか振り返ってみてはいかがでしょうか。

ATEAのメールマガジン

心のカタチを整えることで、あなたの本来の力を発揮し、望む未来を掴むためのメールマガジンを毎月二回配信しています!神社や歴史、龍神や見えない世界などを切り口に、毎回テーマを変えた内容を無料でお届けしていますので、お気軽にご登録ください。(配信日:毎月10日、20日)