株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

【経営者の神社参拝】1日参り・15日参りだけじゃない最適な参拝場所・順番・頻度とは

皆さんは、行きたい神社や挨拶に行かなければと考える神社が複数あってどこから行けばいいか分からなくなったことはありますか。また、毎月1日参り・15日参りを欠かさないという人もいらっしゃるかもしれません。
信心深い人ほどたくさんのリストを抱えているものです。
そこで今回は、参拝の優先順位や順番、その頻度についてお話ししたいと思います。

仕事も家族も順調だったクライアントの課題とは

ATEAのサービスの中に、経営者向けのビジネスセッションというものがあります。月に1度のセッションでヒアリングを行い、また弊社で代理巡拝をさせていただき龍神からのメッセージを取り入れながら、ビジネスにおいて力を最大限に発揮する方法をお伝えするものです。

そのビジネスセッションで、先日このような事例がありました。

クライアントのAさんは、神社仏閣やご先祖様をとても大切にされている方で、毎月欠かさず参拝に行かれていました。仕事柄、関東~関西を行き来しており、その度にお世話になっている神社へ足を運んでいたそうです。

信心深いだけでなく、現実世界における人付き合いも大切にされており、社内マネジメントやお客様とのやりとりなども重要視されているのが伝わってきました。

そんなAさんの会社は、コロナ禍でもしっかり売り上げを伸ばし、大きな契約や素晴らしいビジネスパートナーとのご縁も得ていました。さらに、ご家族との仲も良く仕事に対して協力的。まさに順風満帆だったのです。

しかし、そんなAさんのための巡拝をしていたとき、龍神たちからこのようなメッセージがありました。
「これからもっと出会いが増えるので、そのためのスキマ時間を作っておくこと」
これが、Aさんへの課題でした。

参拝場所・順序・頻度をリーディング

実はAさんは、行きたい神社がたくさんありすぎて時間に余裕が無い状態だったのです。

元々ご縁のある神社はもちろん、一度伺ったことのある神社には毎月顔を出さなければ……というふうに、どんどん増えてしまっていました。

これでは、新しい出会いやご縁が入ってくるスキマがありません。

しかしAさんは、挨拶に行かないのは不義理をしているようで気になってしまうようでした。その結果、睡眠や休息時間を削ってまで参拝していたのです。

そこで私は、今のAさんにとってベストな参拝場所、順序、頻度、スポット的な参拝場所(こういう時はここというポイント)などをリーディングし、ビジネスセッションでお伝えさせていただきました。

個人を後押しする神社、会社を後押しする神社

優先的に参拝する神社と聞いて、産土神を思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれません。
ATEAでは、産土神社の重要性をよくお伝えしています。

産土神とは⇒「 産土神リーディング® 」

ですが、その繋がり度・距離感はいつも一定であるとは限りません。お一人おひとりリーディングしてみると、一カ月に一回がいいときもあれば半年に一回でいい時もあるのです。

これは人間関係と似ていて、たとえばこれから新しい事業に取り組むといった時に、実家へ頻繁に帰省するのは難しいはず。同じように状況やタイミングによって、産土神への参拝頻度が増えたり減ったりするものなのです。

ちなみに産土神社以外にも、個人と繋がりのある神様には次のようなご存在がいらっしゃいます。

●生活の鎮守神社
●仕事(学校)の鎮守神社
●アップデート神社
など。これらは産土神リーディング®でお伝えしています。

そして会社を経営されている方は、
●会社の鎮守神社
という存在も見逃せません。

会社には“法人格”というものがあるので、会社のマネジメントやスムーズな事業展開、将来への後押しを得るなら「仕事の鎮守神社」だけでなく「会社の鎮守神社」の存在も欠かせないのです。
※会社の鎮守神社リーディングは単体では行っておらず、ATEAのビジネスセッション内でのみ行っています。

関連記事⇒「経営者なら知っておきたい「会社の鎮守神社」とは」

相乗効果を高める神社マッピング

さらに、会社の鎮守神社以外にも、その時の状況によって参拝した方がいい神社や組み合わせは多々あります。なんせ全国には8万社以上のお社がありますから、目的に合わせた組み合わせは千差万別。
頻度も1年に1回の場合もあれば、○日間連続で参拝した方かいいという場合もあるのです。

こういったポイントを知らないまま、点と点が線にならない参拝リストを組んでしまうと、せっかくの根回しが分離してしまいます。もちろんどの参拝も決して無駄ではありませんが、人や時期、目的に合わせて神社マッピングを組めばより相乗効果が高まるのです。


クライアントのAさんに、参拝の優先順位、順番、頻度などをリスト化した神社マッピングをお伝えしたところ、たいへん喜んでいただきました。
十分に参拝できない自分を責めることがなくなり、目の前の経営判断に集中できるようになったようです。「おかげでストレスがなくなりました」とおっしゃっていただけました。


Aさんのような例でなくても、毎月1日参りと15日参りを欠かさないという人もいらっしゃるでしょう。それももちろんいいのですが、本当に今のあなたにとって最適な頻度でしょうか。

一般化された情報と、あなたの未来を作るためにカスタマイズされた情報とでは、やはり違ってきます。

それが会社となれば、なおさら影響の範囲が大きいもの。ですから会社の今後の方向性や目的のために後押しを借りたいという人は、より相乗効果の高い組み合わせを取り入れることをおすすめします。

まとめ

今回は、神社参拝にはその時々で、優先順位や順番、頻度があるということをお話ししました。
取り入れやすい一般化された情報をうまく活用しつつも、よりカスタマイズされた情報も将来に向けて取り入れていただきたいと思います。
そうやって見えない世界の力も活用しながら経営をしていくことが、自身だけでなく会社全体を守ることに繋がっていくのです。

さいごに、ATEAのビジネスセッションは一般的なビジネスコンサルではなく、人生全般のなかの一つのテーマがビジネスだという龍神視点でセッションを行います。
最終的な視点は「ビジネスで結果を出す」ことなのですが、そのために見つめ直すことがビジネスとは限りません。一見遠回りに見えるアプローチもあるかもしれませんが、それも意味のある遠回り。
短期的な結果ではなくて、根本的な問題に効く長期的・全体的な視点のセッションを行うのが特徴です。

気になる経営者の方は、お気軽にお問い合わせください。

ビジネス向けメールマガジンのご案内

日々成長し続けたいビジネスパーソンへ向けて無料のメールマガジンを配信しています。
サイトと連動したビジネス向けコンテンツのお知らせや、日々の“気づき”を促す情報をお届けします。  (配信日:毎月1日、15日)