株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

大杉日香理ブログ

BLOG

まずは安心から始める

誰でも、どんな時でも。
未来をつくるための行動は、安心からしか生まれないのです。

不安の穴埋めをしたくなったり、
焦りに駆られて選択したりと、
負の感情を起動スイッチに行動しても、やればやるだけ、それ以上の不安と焦りが押し寄せてきます。

その行動をしながら、意識が不安と焦りに照準が当てられ続ければ、
脳はその行動とその感情をセットだとインプットします。

それは、負の思考スパイラルでしかありません。

だから、行動を始める前に、まずは安心することから始めてみることが大事。

そんなこと言っても、不安は消えないよと言われるかもしれませんが、不安は持ったままでよいのです。

これをしなくちゃ!
あの手を打っておくか!
今のうちに進めておかないと!
あぁー締め切り間に合わない!

など、差し迫ってから行動する時、それをやらないとマズイ事態になるという不安から動きますよね。

不安は起爆剤にしてもいいんです。

ただ、その不安感を続けないことが重要で、不安の中ではベストパフォーマンスは出せませんし、
不安の中で進めたことは、不安が具現化したような結果に落ち着いてきます。

そういう思考回路になっていくんですよね。

本当に脳の機能ってすごい!

だからこそ、望む未来をつくるなら、安心で進めていけるように、心のカタチの整え方も合わせて行なっていくことが
大切だなと、最近しみじみと感じています。

様々な整え方がありますので、どのような未来に対して行なうのかなど、
不安を現実想像のエネルギーに変える方法など、今後のやおよろずClubでお伝えしていきますね。

書きながら、あの方にはこのやり方が良いなぁと、メンバーの皆様のお顔が思い浮かんできます。

心も思考回路も目には見えないものだからこそ、見えない世界の考え方を活用したら、
もっと自己パフォーマンスが上がるんですよね。

叶わないのではなく、叶うための適切な思考回路でないことの方がほとんど。

では、どのように思考回路に変化を持たせるかも、私の実体験を含めながらお伝えしたいと思います。

適切な練習は、裏切らない。








【随時受付中】ATEA会員制度 やおよろずClub

4月からカリキュラムが変更


「今のあなた」に最適なサービスで、進化を遂げる!

激動のこの時代に、皆様の人生がさらに良い方へ加速するよう、
自信をもってお届けできるサービス内容が、ようやく確定いたしました。

さっそく、これまで数か月間、龍神たちと調整に調整を重ねた新サービスの内容をご紹介しましょう!

ATEAのサービスは、会員制に変わります。
会員サービス名は「やおよろずCulb」です。

「やおよろずCulb」には、無料会員、有料会員(月額制)の2種類があります。

無料会員の方には、
運気アップのコツや見えない世界のしくみ、その時々のタイムリーな龍神情報をご紹介する
月2回の無料メルマガをお届けします。


有料会員
お申込み時に、コースをお選びいただきます。
それぞれカスタマイズされた各種コンテンツやオプションサービス(有料)をお届けし、
よりスピード感ある進化が遂げられるよう密度の高いサポートをいたします。

皆様が進化を遂げるために構築されたサービスの概要をご覧下さい!

詳細

お申し込みの流れ

お申し込み受付期間
随時受付に変更






会員制度

無料会員(メルマガ会員)
お申し込みはこちら
(いつでも受付)


有料会員
有料会員が選べるコースは3つ
※途中でのコースチェンジは可能です。
※無料会員の方がお申し込みいただけるサービスも
一部ございます。

九頭龍コース
望む未来に対して、トップスピードでたどり着きたい方向けのコースです

金龍コース
自力と他力を身につける際に、スピード重視ではなく、しっかりと地に足をつけて進む“バランス重視”のコースです。

花龍コース
ゆっくりと力を身につけていきたい方のためのコースです。




メルマガ登録はこちら⇩

メルマガ


【通常メルマガ】
●配信タイトル:とこわかジャーナル
●配信日:毎週土曜日・第3木曜日
●配信内容
私が全国各地を視察巡拝しながら得た、龍神たちから教えてもらったチャンスを呼び込むコツや考え方、あなたの強運力を高めるポイント をお伝えしています。お伝えしている内容は、実生活の中で活用して人生が変わっていったものばかり。
※著作では書ききれない内容を、メルマガで発信しています。


ビジネスメルマガ
配信タイトル:とこわかbiz
●配信日:毎週月曜日
●配信内容
なぜ、人は神社やその場にまつわる歴史を大切にしてきたのか。なぜ、歴史に名を残す偉人たちは運や見えない力を重んじたのか。その答えには、ビジネスにも活かすことのできる多くの学びを歴史や神話、神社を切り口にお届け致します。