株式会社ATEAのカンパニーロゴ

株式会社ATEAのカンパニーロゴ

石丸早苗

ATEA

ATEAと出会い、公私ともども急展開で進展が

病気や体調の変化がきっかけで、知人に紹介され、日香理さんの産土神社解説セミナーを受講しました。

セミナー会場へ向かうために、新幹線の切符を購入したら、3月8日、8時42分発8号車8番A席。 

「無限大で縁起がいい」なんて能天気に考えていましたが、実は、これが龍神のアプローチだったと、ずっとあとで日香理さんから聞いた時は驚きました。

その頃の私は、神社や神様に関する知識はほとんどありませんでした。 

セミナーに申し込んではみたものの、

「もし、変な会だったらどうしよう」と、 ちょっと引き気味で参加したのです。(笑)

しかし、日香理さんの話に初回からとても魅了されました。 

特に、日香理さんのおっしゃる「現実優先」という言葉がとても好きで、私に合っていると直感しました。

当時の私は、1200人の従業員を抱える企業の経理責任者兼ナンバー2として、福山市で飲食店経営を成功させるという社命を受け、バー、和食屋、カラオケルームの3店舗の経営と、ラーメン屋台を始めたところでした。

今思い返すと、この頃の私は激しく葛藤していました。 

慣れない飲食店経営に苦労しながら、プライベートでも行き詰まりを感じる毎日。

そんな状況を打開したいと、セミナーに続いて、 龍使い®︎養成講座や法人コンサルティング等を受け、2015年12月、初めて神旅®ゴールドに参加します。

神旅®︎に申し込んだ時から、私を取り巻く環境が、何かとざわつき始めました。 

飲食業の人事の入れ替わりが急激に激しくなり、時には、大ナタをふるわなければいけない事態も増えていったのです。

たとえば、初めての神旅®︎後には、私にとってストレスとなっていた人材が 、自ら会社を去っていきました。

その後、法人コンサルティングのアドバイスにより、神社に参拝していた最中に、5店舗目となる土地の購入話が舞い込み、すぐに購入を決定。

しかし同時期、オープンしたばかりだった4店舗目「ビストロサックル」でトラブルが起こります。 

シェフを解雇せざるを得なくなり、事実上、開店休業状態に……。

今の私であれば、トラブルや人の入れ替わりは、新しい風が吹く前触れだと判断できます。 

ですが当時は、自分の未熟さに責任を感じ、心が痛む思いをしました。

日香理さんからは「相手といかに向き合うかが大事」というアドバイスを受けていたにもかかわらず、私自身はそれがなかなかできなかった時期でした。

振り返ると、この時期は、加速をつける前の準備運動中の時期だったと思います。

「え、ええ!?」と驚くような、自分ではどうしようもできない大きな波が押し寄せて一気に状況が変わり、何かによって環境が切り替えられていく。そんな感覚をぬぐえませんでした。

私はとにかく、そんなめまぐるしい変化についていける自分でいようと、必死で、日香理さんのブログやアテアサイトの記事を読み漁った記憶があります。

どんなに神様が後押ししようとしてくれたとしても、自分が何も行動しなければ、手助けしようがありません。 

だから、目の前に起きる現実に目を背けてはいけないと、苦しい葛藤の中で、必死に問題や自分自身と向き合いました。

3か月後、ビストロサックルの閉店も考えざるを得なくなった頃のことです。 

やはり法人コンサルティングで勧められた別の神社に参拝している時に、料理人応募があったとの電話が入り、面接後、採用決定。なんとか閉店の危機を免れることができました。

またプライベートでは、 2016年4月結婚。 

5年つき合っていた彼との関係が膠着状態だったのですが、日香理さんにとある神社に行くことを勧められて参拝した直後、思わぬ急展開で結婚へと発展したのでした。

1年で5店舗を出店する怒濤の快進撃

その後も法人コンサルティングを継続しつつ、怒濤の勢いで仕事しながらも、その合間を縫って、 神旅®に参加し続けました。

すると1年間で、経営する店舗は、5店舗も増えていたのです。

これは、飲食店(特に地方)ではあり得ない急発展です。

もちろん、資金さえあれば、出店そのものはできなくありません。 

しかし、この人材不足の時代にどうやって人を集めているのか、また、話題の人気店にしているのかと、地元で一気に注目され始めました。

一般企業のナンバー2として業務をこなしながら、もう一方で、飲食店経営をしている私は、 その当時、どれだけのことができるのかと地元では揶揄(やゆ)されていました。

そんな中、「ゲーム感覚で副業として飲食店をやっている素人」という私へのイメージは、 「今地元で一番勢いのある飲食店経営者」に変わりました。 

そして、私と会社は、一気に “スターダム”にのしあかっていったのてす。

実を言うと、この5店舗展開は、決して無理をしておこなったものではありません。

自分で契約にこぎつけた1店舗目の物件以外はすべて、相手からお話が舞い込んできたものばかり。

それも、信じられないくらいに投資の少ない案件ばかりでした。

また神旅®︎後に、いい人材が応募してくれることも多く、人材探しで他店のように苦労することもありませんでした。

ATEAと出会い、神旅®を受けてもっとも感じたことは、物事が動くスピードの速さです。

今までの私なら、2~3年かけて、ようやくたどり着くであろう事柄が数か月で起き、自ら答えを出さざるを経ない状況下に自然となっていくのです。 

時には、ふだんなら解決に数年かけるような問題が、数日であっという間に終わることもありました。

常識で考えると、素人で飲食店経営を始めた私に、地元で「怒涛の快進撃」と噂された急成長が達成できるわけはありません。 

今から考えても、なぜそれが可能だったか不思議なくらいです。明らかに、私の力ではないと感じています。

意図することが環境を変え、人生を変える 

ATEAに出会ってからの内面の変化について、お話ししたいと思います。

その頃の私は、仕事に自信はあれど、プライベートではとにかくネガティブ。 

常に「できない自分」「ダメな自分 」にばかりスポットをあて、日香理さんにも、「穴埋め思考が強すぎる」と指摘されていました。

また、仕事に重きを置き、主人と向き合うこともしていませんでした。 

仕事では、即、答えが出ます。主人と向き合うより、その方が楽なので、つい、仕事中心になってしまうクセがついていたのです。

さらに、経営する飲食店では、スタッフに仕事をまかせることができず、「自分ががんばらねば」と、皿洗いまでやる始末。 

睡眠時間2、3時間という日が続き、心も体も限界が来ているにもかかわらず、 まだ走り続けている状態でした。

しかし、神旅®︎や法人コンサルティングを通して、日香理さんから、相手の目線まで下りて話すこと、そして睡眠や休息が必要なこと。 

寝ずに働くことが美徳ではないということを教わりました。

頭では、日香理さんの言うことはもっともだと理解できるのです。

でも感情は、

「そんなことはわかっている」

「あなたに、私の仕事のスタイルがわかるのか」

「プライベートと仕事を切り離して考えることは無理」

 と思っていました。 

心のどこかに、これまでやってきた自分への励みを失うことが怖く、反発していたのです。 

しかし、神旅®︎に参加しつづけるうちに、心の変化が起きるよりも早く、アドバイス通りにしないといけない事例が公私ともども、起きていったのです。

たとえば、心が受け入れられず、助言を無視すると、新たなビジネス展開ができない。 

自分の体がもたない。

家族に変化が起きるなど……。 

私自身が気づくまで、多くの出来事が起きました。

そして 、その度ごとに問題と向き合う努力を続けるうちに、「あ、あの時、日香理さんが言っていたことはこういうことか!」

と、気づける自分に成長していきました。

「こうなりたい」と意図することが、これほどまでに自分の環境を変え、現実になることを、私は日香理さんとATEAのサービスから教わりました。

また、日々の生活の中でパターン化している思考を変えていくことが、実はビジネスにも大きな変化を起こすのだと学びました。

今回、飲食店から新たな事業展開を目指すべく、ギフト&エステサロンをさらに1店舗オープンさせました。

日香理さんからのアドバイスもあり、次なる展開を夢見て、じっくりと活動を始めています。

現在、経営する飲食店は10店舗です。 

しかし、これを誇示することも、固執することもせず、事業家として、不採算部門は撤収という勇気と覚悟をもって、徹底して、飲食店の土台作りを始めています。

経営者としてまたひとつ成長させてもらうために、さらなる飛躍をするために、今後も、神旅®︎参加は欠かせないと考えています。

体験者情報

石丸早苗さん

会社経営

株式会社サポート総務部長、株式会社sakkuru代表取締役、株式会社福山さっくる代表取締役、株式会社河本食品取締役など、計9社の子会社を持つ企業、株式会社サポートの経理、総務責任者でありながら、2社の代表取締役を務め、一部子会社の役員や事業改善担当に従事。

グループで年商約33億(前年度実績、今期35億見込)、従業員数約1250名(パート、アルバイト含む)の経費、給与決裁権を持つNo.2。

自身が代表取締役を務めるグループ内子会社、株式会社sakkuru及び株式会社福山さっくるは、広島県福山市を中心とし飲食事業を展開。

また、夫が経営する広島県内保有台数№1である老舗タクシー企業の新事業である「タクシー観光事業アサくる」の統括を務める。

アサくる

中谷綾乃

ATEA

個人セッションの5日後に、「運命の人」と出会いました

日香理さんとの出会いは、2010年の個人コンサルティングです。 私の先祖が神社関係者だったこともあり、神社について調べているうちに日香理さんのブログにたどり着いて興味をもち 、コンサルティングを受けまし た。

当時の私は,30代後半。30歳で行政書士として独立し、法人化して経営は安定していたものの、内面的には満たされず、今後の生き方について迷っていた時期でした。

婚活もうまくいかず、「一生“おひとり様”で生きていくのだから、 マンションを購入しよう」と契約していたのですが、母の猛反対にあい、キャンセル。

これから、40代をどう生きていこうか、 考えあぐねている最中での日香理さんとの出会いでした。

日香理さんはこの時、たくさんの情報を伝えてくれました。

まず言われたのが、「お母様に感謝して下さい。マンションは結婚してから買った方がいいですから 」という言葉です。

キョトンとしていると、「お相手が、もうそこまで来ていますよ 。京都っぽい人です」とのこと。

その後、日香理さんは、紙に円を描いて中心に縦線を引き、半分に割って、こう言いました。

「綾乃さんは、仕事の部分はみっちり詰まっているけれど、もう半分の、内面の部分がぽっかり空いています」

確かにその頃の私は、まるで鎧でも着ているように、常にガードをかたくして、がむしゃらに働き続けていました。

当時、行政書士の世界はまだまだ男社会。

その中で、なめられないようにと気を張り、社員を路頭に迷わせてはいけないと、必死にがんばっていたのでした。

しかしその反動で、自分自身の心や体のケアがまったくできていなかったのです。

日香理さんからは、「もっと自分自身を可愛がって下さいね。もう花は満開で、蜜を吸いたくて蜂が寄ってくるのに、透明なベールがあって、蜜が吸えない状態になっています」とも言われました。

最初は戸惑いましたが、日香理さんと話しているだけで、 心がほぐれ、癒されていくのを感じました。

さらに、「赤坂の日枝神社のお稲荷さん(山王稲荷神社)が早くお参りに来るようにと言っています 。そこてで“私は変わります”と宣言して下さい」とのこと。

日香理さんの話を聞いて、自分の内面にまったく向き合っていなかったと気づいた私は 、 心のあり方を変えようとさっそくお参りに行き、言われた通りに宣言しました。

……すると、あっという間に現実も変わったのです。

まず、日枝神社から、最寄りの赤坂駅(徒歩5分)まで向かう道で、2回もナンパされました。(笑)

それまで町中で声をかけられるなんて、ほとんどなかったことです。

心のガードが取れて、やわらかな雰囲気をかもし出していたからだろうと思います。

そして、セッションから5日後。

飲み会で、ある男性に出会ったのです。

彼が関西弁だったので、「ご出身は?」と聞いたら、「京都です」と言われたので「来たー!」と思い、「はい!」と手を挙げました。(笑)

その後すぐ、交際に発展。

それから、数回ほど神旅®︎に参加しましたが、その度にトントン拍子で交際が進み、1年後に入籍しました。

彼は、初対面の時に手を挙げた私を見て、「この子は自分を受け入れてくれる」と思い、 デートに誘ってくれたそうです。

日香理さんの言葉がなければ、私が手を挙げることなど、絶対にあり得ませんでした。

夫とは、今も大の仲良し。

あの時、日香理さんの言葉を聞いていて、本当によかったと思っています。

自分の内面を満たす大切さを知り、
経営方針も変わりました

日香理さんのセッションを受けて以来、「ご自身を可愛がるために、エステに行くなど、 ラグジュアリーな時間をもつといいですよ」と言われ、すぐに実行して以来、続けている習慣です。


自分を可愛がると言っても、漠然としていますよね。
でも、具体的にお金と時間を使って、 愛情を注いでいけば、 自分が満たされていきます。


そこからいろんなものがあふれ出して、自分もまわりも豊かになれると、この経験を通して知りました。
私は月に2回、必ずエステに行くようにしています。

私自身に起きた変化のひとつは、 直感力がすごく上がったことです。
自分を大事にして五感を心地よくしていくと、第六感(直感)が磨かれると日香理さんはよく言いますが、まさにその通りでした。
今は初対面の人と会っただけで、自分との相性が分かったり、メールを読んだ時に、これから起きることがある程度予測できたり。
事業でもプライベートでも、とても役立っています。


会社経営のスタイルも、かなり変わりました。
それまでは、常に数字を追いかけ、スタッフに対しても距離をおき、厳しく接する経営者でした。
でも、これではダメだと感じ、スタッフがやりがいや幸福感を感じて、安心して働ける環境にしようと方向転換したのです。
今では、それぞれが適材適所で責任を持って 仕事をしてくれていて、経営も順調です。


そのおかげで、私は自分の主宰するNPO法人の活動や 地域活動に時間をかけることができています。

気がついたら「私、幸せ」と思えるように

日香理さんと出会って、3か月後くらいだったと思うのですが、ある時、ふと気づきました。
「あれ!? 私、急に幸せになってるなあ 」と。


一人で必死にがんばっていた時は、婚活も含めて、何もうまくいかないと感じたこともありました。
でも、日香理さんのアドバイスを素直にやってみたら、流れに乗ることができて、気がつくと、公私ともども幸せになれていたのです。
日香理さんからは、「素直に実行するのが、綾乃さんのいいところですね」と言われます。
でも、実は私、誰の言うことでも、すぐ行動するわけではありません。
もちろん、日香理さんの言葉だからといって、無条件で受け入れているわけでもありません。
しかし、日香理さんの言うことは、心にスッと入ってきます。


日香理さんが、うわべだけのテクニックではなく、自分を知ることや、自分自身と対話することの大切さなど、本当に必要な情報、本質的な助言をくれるからだと思います。

自分の本質に戻り、強運になれました

私は日香理さんに会い、「これから変わろう」と思った数日後に夫と出会い、人生が激変したので、変化が楽しいと思えました。
だから、変化することに対してプラスイメージしかありません。
「変わるって、楽しいですよ」と 、自信を持って言えます。
変化を楽しめるようになることが、チャンスにつながるし、ささいなところからでも、自分を変えていければ、 結局は、それが自信になっていくのだと感じています。


もちろん今でも、期待通りにいかないこともあるし、停滞しているなと感じる時期もあります。
以前は、その度にストレスを感じていましたが、 今は「これは何かのメッセージだな」と思えるようになり、落ち込まなくなりました。
逆に、いいことがあった時に「ラッキー!」と浮き足立つこともなくなりました。
幸運な出来事があると、「これはやるべきことだったんだ。流れに乗ってるな、後押しをもらっているな」と思います。


神旅®やセミナーに参加したり、日香理さんと話したりすることで、大きな流れに乗るという感覚をつかむことができたおかげです。
流れに乗っていれば、物事の展開が早いし、全然予想もしていなかった、ギフトのような出来事が突然やってきます。
気がつくと、色々な人が手助けしてくれたり、思いがけない情報がやってきたり……。
自分だけでがんばっている感覚ではなくなるのです。


大勢の人を巻き込んで助けてもらい、また自分自身も周囲を助けて、大きな渦を描きながら、 みんなで上昇していくような出来事が本当に起きていきます。
私は、地元船橋市で創業塾や、微魔女会(NPO法人やまとなでしこ)を主宰していますが、 それらの活動を通して、仲間達と大きな渦を起こしていく体験を何度も作ることができています。


今は、日香理さんにガチガチだった自分をゆるませてもらい、前よりもっと楽しい、別の世界に連れていってもらった、そんな感じがしています。

誰でも運の流れに乗ることができる

運の流れに乗ることは、特別な人にしかできないのではなく、誰にでもできることだと思います。
ただ、自分が持っている流れに乗っている人と、そうでない人がいるように見えるのです。
どうすれば、自分の流れに乗れるかというと、自分自身の本質に戻ることだと思います。


私の周囲にも、日香理さんに出会って、人生がいいほうに変わった人がたくさんいます。
日香理さんと関わって変わり始める人たちを見ていると、みんな、まず自分自身の本音や本心に気づいていきます。
そして、本当にやりたかったことをやり始め、人生が激変するのです。
それは日香理さんが、私たちの本質、原点に気づかせてくれるからでしょう。
自分の本質を生きていると、やはり強運になりますよね。
チャンスもたくさんやってくるし。


私自身は、ゼロから1を立ち上げるのが大好きで、常に自由でいなければダメな人間です。
それに気づかなかった20代では、会社勤めが続かず、20回以上も転職しました。
でも、自分がそうやって迷走したからこそ、これからは、一度失敗を経験した若い人たちがチャンスをつかむための後押しをしたいと考えています。
繰り返しになりますが、自分の本質を生きると結局は生きやすいし、強運になる近道なんです。


私自身、この仕事を始めてからも、30代までは、カチッとしたスーツで行政書士らしく見えなければと思っていました。
でも今は、自分らしいファッションを自由に楽しんでいます。
そのほうが、素の自分を知ってもらえてラクだし、自分が本当に会いたいと思っている人と会えています 。
日香理さんは私にとって、大きな叡智と自分をつないでくれる「天使ちゃん」のような存在です。
たとえば、「神様」や「天」など、私たちを導く叡智を表す言葉は、色々あると思うのですが、日香理さんは、その媒体になっているように見えることがあるのです。


日香理さん自身に、個人的な感情や思惑などがあるのではなく、ただ流れるように、私たちと大いなるものの橋渡しをしてくれる人。
同時に、とても現実的で大切なことを教えてくれる人。それが、日香理さんです。
そんな人と出会えるかどうか。
その差は、人生を大きく左右するだろうと私は思います。


体験者情報

中谷綾乃さん

行政書士・会社経営

CTC行政書士法人 代表行政書士
NPO法人やまとなでしこ 代表理事

1970年生まれ、千葉県出身。
2003年、行政書士事務所を独立開業する。
2007年、CTC行政書士法人を設立。代表行政書士に就任。
独立開業17年目。千葉県地元密着型の行政書士事務所として活動している。
2011年、東日本大震災をきっかけに、地域で繋がる女性限定コミュニティ微魔女会を主宰。
2015年9月NPO法人やまとなでしこ設立。代表理事に就任。
同年10月、船橋駅徒歩3分レンタルスペース「なでしこサロン」オープン。
起業支援として、交流会、セミナー・イベント等を開催。