経営のための直観力を高める3つの基本

 

経営者こそ、自分を知りつづけることが大事です。

新しく変化した自分がどのような自分なのかを知らないと、
時流にどのように乗っていけば最適かを割り出せません。

「今だ!」と感じて行動に起こすのも直観力ですから、
自分の直観力の精度が高いジャンルを把握しておかなければなりません。

 

経営者の変化は進化!あなたは常に進化しつづけている

なぜ、経営者ほど、自分を知る力が必要なのでしょうか?

例えば、本日のディナーのご招待があったとして、その相手がお客様なのか、
ビジネスパートナーなのか、新規事業の顔合わせなのか、
それとも仕事は関係ない友人や知人なのか、家族なのか。

相手によって、服装や髪型なども考えますよね?

状況に合わせて変えることを、あなたはこれまでも当たり前におこなっていると思います。

自分を知る力というのは、ご招待ディナーにおいては、

・状況に合わせて(時流)
・あなたの立場に合わせて(現状)
・身だしなみを整えて(ベストパフォーマンス)
・場を作っていく(マネジメント)

ということです。

特に、現状把握がポイントです。

適切な情報と分析で、現状を把握していないと、
身だしなみを整えてもチグハグな印象になってしまいますよね。

経営をしていると、学ぶことは日常の中に組み込まれ、日々新しいチャレンジを続けています。

まるで筋トレをしているかのように、新しい知見、考える力を鍛えている。

つまり、意識的としても無意識的だとしても、あなたは進化しているということです。

進化とは変化であり、あなたの能力が磨かれつづけることで、毎日新しいあなたになっています。

つまり、自分を知りつづけるということは、『常に進化しつづけているあなた』を知るということ。

言い方を変えれば、あなたの仕様説明書をアップデートしていくということです。

だからこそ、日々変化していくあなた自身の進化を適切に把握することが、
チャレンジしつづけるためには重要なんですね。

それでは、実際に自分を知る力を高めるためには、どのような方法があるのでしょうか?

 

自分の進化を知るための3つのポイント

あなたの進化を知るために必要なこととは、大きくまとめると3つあります。

①変化に対する感性を磨く
何故なら、年齢とともに経験値が高まり、
無意識のうちに判断し選別されてしまうためです。

経験値はあなたの財産ですが、脳にとっては『手を抜いて、考えなくても良いこと』です。

脳は考えることに、多くのエネルギーを消費するため、省エネ化=習慣化を図ります。

ある程度経験値がたまったことほど、敢えて新しい見方をしてみたり、
まったく異なるジャンルにチャレンジしたり。

このように、無意識の判断を打開する刺激を与えて、
日々進化しているあなたを把握できるようにしておくことが大切ですね。

②他者の力を借りる
自分にしか気づけない変化もあれば、自分では気づけない変化もありますよね。

特に、経営者にとって自分を知る力を高めることが大事という視点を持ち、
そのために何をどのようにどのくらい知れば良いのかを
バランスよく学びあえる場をひとつは持っておくと良いでしょう。

経営の視点で、あなたに合わせてアドバイスをくれるプロの力を借りるのも手でしょう。

新しい自分を発見したり、気づきや視点を学べる場だと一石二鳥です。

大事なのは、馴れ合いのような仲良しグループではなく、
もしくは仕事受注目的のためではないということが、選ぶ場合には大切ですね。

③健康を維持する
人間は日々の体調が一定ではない、生命体です。

そして、経営者が活用している直観力や、情報分析力、洞察力は、体調に大きく左右されます。

常にベストでいつづけることは、人間であれば不可能。

だからこそ、判断や直観に影響を及ぼさないための体調管理も経営者の仕事です。

経営者も人間である以上、その大切さを強調しすぎて困ることはありません。

睡眠や食事という生活の基盤はもちろん、筋トレやストレッチ、
心のリフレッシュや脳を活かすタイムスケジュールなど、
健康と体調管理についての方法は多種多様にあります。

その中でも、すぐに実践できて効果が高いのが、
『自然を意識し、過ごすこと』です。

米国での研究でも、1日15分でも自然の中で過ごすことで
注意力が高まるという研究結果が出ています。

可能であれば、15分といわず大自然の中で数日間、
ゆっくり過ごせれば更に良いそうですが、忙しい中では実用的ではありません。

ですから、日々の中で可能な範囲で、自然を意識して過ごすことで、
注意力や付随する判断能力、直観力にも良い影響となりますね。

 

経営者は会社の要!自分の進化を知ることが、業績にも影響する

定期的に自分を知るという時間を持つことで、

直観力を高める
あなたの現状の確認
時流に合わせた、あなたという命の使い方
それによる事業運営、戦略修正など、
経営者として大切な情報を入手し、アップデートしていけます。

経営者は会社という組織の要です。

要の進化を把握し、その情報に合わせて、事業において最適な使い方をすること。

とりも直さず、会社の方向性や組織の自発性にも大きな影響を及ぼし、
最終的には業績にもその影響は波及していきます。

なによりも、新しい発見は心踊るもの。

進化していく達成感にもつながりますね(^^)

 

前の記事【キャンセル待ち受付開始!!】 神旅®フォンス 陰陽結界千年の都、京都
次の記事【龍使い®︎オンライン】7月の特典・先行受付のご案内 配信完了のお知らせ
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社ATEA代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数23万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。