シンガポール巡拝と龍脈③

 

シンガポール巡拝の話も、今回でまとめようと思う。

龍脈とは、見えない世界のエネルギーの繋がりと言える。

見えない世界とは、龍神や神様、先祖やそれ以外の様々な存在たちで、
人間の感覚では見えないし聞こえないことがほとんどの世界。

その見えない世界のエネルギーが流れる河川だとイメージするとわかりやすいかもしれない。

このエネルギーの中には各種類の運も含まれるため、
運の流れる龍脈が集まる場所は使い方によっては現実を変える強い力になる。

そのひとつがシンガポールだ。

風水デザインの1ドル硬貨や風水に準じた都市計画など、
龍脈というエネルギーの流れを最大限に生かして、
経済効果を高めようというシンガポールの意気込みは熱い。

熱帯地域で、気温も通年●度という気候だが、暑いのは気温だけではないようだ。

しかし、ここで大切なのは
『龍脈』

『風水』
ではない。

どちらも現実を変える強い力となるが、それだけでは何も変わらない。

まず何よりも

『より良い』
という考え方が大切だ。

より良いとは、

「それをやらないとダメということではなく、
より良くするためにやれるならやれば良い」

「今がいつでもゼロベースだから、より良くとは、ゼロにプラスしていくこと」

やらないといけない。
やらないと不幸になる。
やらないと運が悪くなる。
やらないと……。

やった方がより良くなる。
やった方がうまくいく可能性が高まる。
やった方が

なぜなら、今が常にベストだから。

今がベストであるならば、すべての過去の繋がりがあって今のベストに成っている。

過去の事実は変えられないけれど、過去の事実をどのように捉えるかは変えられるから、
今のベストという起点から捉え直ししてみる。

さて、風水も龍脈もそれだけを行動として取り入れても効能は期待できない。

今がベストであるために、今をベストにしようという多角的なアプローチのひとつ。

何よりも重要なアプローチは、本業。
その次に、家庭であったり、趣味であったり、ここは人によって異なる。

3番目は、目的のために行う新しいチャレンジ。
新規事業や将来を見据えた勉強もここに入る。

そして、4番目と5番目は●●●として、6番目のアプローチとして、
見えない世界の後押しを借りていくこと。

そう、なんと見えない世界は6番目なのだ。

 

何事もバランス。

今を生きているわたし達人間は、この肉体、この命を使って、
現実世界という舞台で人生というストーリーを進んでいる。

だからこそ、バランスの大部分は現実世界での行動であり、
見えない世界へのアプローチは少しで良い。

時流や個々の状況、目的、かけられるエネルギー(時間・お金・労力)にもよるが、
現実世界と見えない世界のバランスは8:2くらいがちょうどいい。

このバランスを基準に、必要に応じてバランスを変えれば、
現実世界での成ってくるスピードも変化する。

バランスを整えることで、個々人の持っている資質を伸ばすことができるし、
伸ばした資質を使って社会への価値の提供ができる。

たったひとりの小さな価値だとしても、その価値を必要としている人が必ずいる。

価値同士のバランスで、他者と社会との繋がりになる。

話は変わるが、シンガポールで、ナイトサファリに行った。

この施設の目的は、絶滅危惧種の保護、研究のためで、
そのための啓蒙活動と活動資金集めとして解放している。

ひとつの種族が絶滅することで、その種を捕食していた種族も絶滅の危機に瀕する。

生態系という繋がりがあって、
地球という全体のバランスが整っているのだと、改めて考える機会になった。

世界は人同士、龍脈、様々な繋がりがある。
その繋がりこそ、バランスなのだ。

だから、今あなたが存在している。
それがベストであり、そこから積み上げていける。

見えない世界20%のバランスを最大限に発揮するために

鶴の一声ならぬ 龍の一声で開催決定!! 神旅®フォンス 陰陽結界千年の都、京都

前の記事参加費を入金しましたが、詳細のご案内が届かないのですが・・・
次の記事【募集終了!】七夕みそぎ会in東京 
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社ATEA代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数23万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。