シンガポール巡拝と龍脈①

シンガポールに行ってきた。

突然のシンガポール行きは、通常の巡拝とは異なるアプローチで決まった。

決まってからの行動は早く、スケジュールをある程度自由度を高くしつつ、
いつもお世話になっている旅行社に依頼する。

そのやり取りの中で、今回の渡航目的にビジネスが加わり(巡拝も、
神旅®やセミナーの準備という意味ではビジネスだが、ここでは人脈という意味でのビジネス)、
いつもとは異なるスケジュールでの調整となった。

スケジュールの自由度を高くしておくことで、
先方のスケジュールとも調整がきき、予定調和ではない化学反応が起きやすくなるのだ。

さて、シンガポールでは華僑の影響も大きく、都市デザインとして風水が取り入れられている。

風水では水=財や金運なので、建築を見ていると、
いかに入りと出の調整をするかが考えられているのかがわかる。

そんな風水ビルのひとつで、ご縁あって最上階でのランチを堪能させていただいた。

週末の貴重なファミリータイムを突然のお申し出にも関わらず、
ご快諾いただき、ご縁に感謝しかない。

ランチの途中で、轟音が聞こえたとおもったら、
どこかのVIPが乗っているジャンボ機が、頭上を飛んでいく。

両脇を戦闘機に守られ、横に3機並んで飛ぶ姿は、すぐ真下から見上げると絶大なインパクト!

VIPだと護衛の関係で、時間をずらして同様の形態でもう一機が飛ぶと話していたのもつかの間、
再びの轟音とともに、先程とまったく同じ3機が真上をギリギリで通過していく。

思わず、
「(運を)持ってるね〜!」
と、お相手の方がおっしゃって。

わたしも今回のタイミングの良さに、
思わずテンションアップ!

そして、この不思議なご縁の繋がりに、想いを馳せてながら、シンガポールの街を見下ろしてみると。

シンガポールの龍神たちからのサインが満載!

幸先が良い。

思えば、ご縁が繋がり、予想外の化学反応の結果として、風水ビルの最上階にいるわけで。

まさに神脈が人脈へと繋がり、今の状況へと繋がっている。

今回のシンガポール巡拝では、
10月神旅®(かみたび)フォンスの事前準備のための関連する龍神たちへのご挨拶を進め、
また、年末から配布予定の2020年の龍神護符へのエネルギーチャージも兼ねて。

目には見えない神脈から、目に見える人脈への繋がりを感じているかどうか。

地球という惑星に流れる龍脈も、エネルギーの繋がりであり、
それは形は違えど人と人との繋がりとも連動している。

人間から見れば離れている土地でも、龍神たちから見れば、
しっかりとした龍脈での繋がりがある。

人と人とのご縁も、土地と土地との龍脈も、
それを認識しているかどうかで、活用の仕方も変わってくる。

何よりも、認識があればこそ、繋がることへの感謝も湧くもの。

ご縁も龍脈も、その繋がった奇跡をを当たり前と思わず、
感謝とともに繋がる八方への『八方良し』としたいと思う。

前の記事【受付中!!】初開催 8/18 大杉日香理流 夏期講習
次の記事シンガポール巡拝と龍脈②
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社ATEA代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数23万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。