深い感動に包まれて、直霊が揺さぶられた鳥取神旅。 龍神たちも大歓迎の2日間②

鳥取神旅、報告第2弾です!

 

参加者の皆さんが号泣しながら祈りを届けたというお話を

前回させて頂きました。

 

神様方も、その祈りをしっかり受け取ってくださったのですが、

その“証拠写真”が残っていたのです。

 

あるチームが祈っている際に、他の参加者の方が

お祈りスポットの近くにある川を連写されていました。

その写真を見たところ、

お祈りの最中だけ、明らかに変化が……。

 

同じアングルだったにもかかわらず、

祈っていた数分間に撮影した画像だけ、水面が光を反射して、

オーロラ色にキラキラ輝いていたのです。

 

言葉で表現するのはむずかしいのですが、

画像の彩度が格段上がっているというか、

さざ波が、得も言われぬ玉虫色に光っているというか……。

 

 

その他にも、太陽の回りに日輪が出たり、

雲のすき間を縫って天から届く、美しい光芒が見られたり。

 

神様や龍神が、その喜びを自然現象として見せてくれるという

嬉しいプレゼントをたくさんもらえた神旅でした。

 

 

・・ ・・ ・・ ・・ ・・

 

 

さて、そんな鳥取神旅®でしたが、

旅のスタート時、バスの中で「鳥取にご縁のある方」に

挙手していただいたところ、なんと、たった2人でした。

 

ところが面白いことに、旅を続けるにつれて、

「そういえば、先祖が鳥取にご縁がありました」

「鳥取に、大事な知人がいました」

と、鳥取との関わりを思い出される方が

次々に出てきたのです。

 

 

それはなぜかというと……。

 

 

あ、その前に、神旅®で訪れる場所が、

どのようにして決まるかについて、少しお話ししますね。

 

ちょっと回り道ですが、

神旅®について、よりご理解いただけると思いますので、

しばし、おつきあいください。

 

 

神旅®(特に、一泊二日の神旅ゴールド)では、

有名な神社も訪れますが、

地元のバス運転手さんですら知らないスポットに

足を運ぶことも少なくありません。

 

 

「この道、バスで通れるの!?」と思うような

スリリングな道を進んで、ようやくたどり着くことも……。

 

 

実は、訪れるスポットの選択は、

「パワーがあるから」「有名な場所だから」ではないのです。

 

 

神旅®という2日間の旅には、

ひとつのストーリーがあります。

そのストーリーを体感していただくために、

「行くべき必要のある神社やスポット」が、

神旅®で訪れるところです。

 

もちろん、すべての場所が、龍神や神様方との調整で決まります。

 

時には旅の途中で、龍神や神様から、

「ここに立ち寄るように」と、

予期せぬメッセージが届く場合もあります。

 

 

今回も「ぜひ、皆さんに渡したいものがあるから来るように」と、

とある神様から要請がありました。

そこで、急きょ旅行会社さんに調整をお願いし、

行程に加えたのでした。

(見方を変えれば、「むりやり行程に詰め込まれた」とも

言えるのですが(^_^;))

 

 

しかし、そんなライブ感のある旅だからこそ、皆さんに

「こんなに素敵な場所が、日本にあるなんて知りませんでした!」

「神旅®を通して、人生が変わりました!」

「まるで、次々に新しい扉が開いていくようでした!」と、

感動していただけるのだと思っています。

 

 

ただし、どんなにすばらしい場所を訪れたとしても、

その由来や土地の歴史をまったく知らなければ、

「何の変哲もない場所」や「寂れた小さな神社」に過ぎないでしょう。

 

神旅®では、訪れる先々で、

その土地にある歴史や先人たちの思い、

そして神々のエネルギーを読み解いていきます。

 

それらの情報を知ることによって、

ひとつひとつの「点」が「面」になり、

「なるほど!」と納得できて、心に深く刻まれるのです。

 

ですから、「神旅®は、まるで謎解きのようですね」と

よく言われます。

 

 

そう、その謎解きをしていく過程で、理解が深まり、

今まで何の知識もなく、また自分にはつながりがないと

思っていた場所が、

実は、とても大事な土地だったと気づいていくのです。

 

それで、先ほどお話ししたように、

「そういえば!」と、記憶の回路が呼び覚まされ、

自分との関係を思い出していくというわけです。

 

 

 

知らないということは、存在しないということです。

 

でも、そこに実はすばらしい世界が待っていて、

その世界を、現代の私たちの視点ではなく、

先人の視点をもってとらえていくと、

実は、自分にとても重要な場所だったということに

気づいていけます。

 

 

このように、その土地が大切だと気づいていくと、

皆さんに変化が起こります。

 

神旅®という時間の一瞬一瞬を、

とても大事に過ごされるようになるのです。

そして、その時間を共有している

他の参加者の方も大事に思えてくるので、

お互いの絆がどんどん深まっていくのです。

 

 

もちろん、1人で神社や聖域を巡ることにも、

大切な意味があります。

 

でも、神旅®という特別な場において、

参加者同士の関わりの中で得られる気づきや成長は、

何ものにも代えがたいと私は思っています。

(これは、参加者の皆さんが教えてくださったことです^^)

 

ふだんの神旅®も、1人で参加される方が大部分ですが、

今回は特に、1人で初参加された方が多い旅でした。

リピーターの皆さんも、「はじめまして」の間柄が多く、

皆さん、ドキドキしながら初日を迎えられたと思います。

 

そんな方たちが、ともに旅する中で

強い絆を築かれていく姿に、私も深く心を動かされたのでした。

 

 

なぜ、これほどまでに皆さんの変化が起きたのか。

 

その理由のひとつは、事前に何度も足を運び、

神様や龍神とのご縁をつないで、準備してきたからでもありますが、

やはり、鳥取という土地のもつ力が大きかったと思います。

 

参加するまで、鳥取のことをまったく知らなかった方たちが

神旅®を終える頃には、全員「鳥取LOVE」になり、

「また必ず鳥取に来たいです!」とおっしゃるほど

強いご縁を結び、多くの実りと後押しを得て旅を終えられました。

 

 

ある参加者の方が、奇しくもこうおっしゃいました。

 

 

「ここは鳥取という名前ではなく、“日本”という場所ですね」

 

たしかに、鳥取には「日本の原風景」と言える場所が

たくさんあると、私も常々感じていて、

今回のミステリースポットには、

そういう貴重な場所を入れていました。

 

 

そこは、表面的な由来だけを見たら、

「なぜわざわざそこにいくの?」という場所かもしれません。

 

でも、ふだんは誰も訪れない「忘れられた場所」だからこそ、

人が足を踏み入れないことで「場」が守られ、

日本の原風景であり得るのです。

 

そして、そこを訪れると心が揺り動かされ、

眠っていた感性が目覚めるのです。

 

 

今回の旅では、そういう体験をひとつひとつ積み重ね、

皆さんの心をほぐしていきました。

そうやって過ごした時間が、あの祈りの時間へと

つながっていったのだと思います。

 

 

個人的には、2年前に開催した

天橋立での神旅®の伏線(つながり)が、ようやく鳥取で回収でき、

日本神話で描かれてこなかった神さま方のお話もお伝えできたので、

肩の荷がひとつ降りて、ホッとした旅でもありました。

 

 

・・ ・・ ・・ ・・ ・・

 

 

神旅®は、それぞれの場所に隠された情報をひもといて、

知識としてお渡しする時間です。

 

同時に、その知識を得て訪れた私たちへの歓迎を、

龍神や神さま方から受け取る体験の場です。

 

現在のスタイルでおこなう神旅は、あと一回。

 

2018年最後を飾る神旅®の地、宮崎では、

このタイミングでしかご縁をつなげない龍神たちが

あなたを待っています。ぜひご一緒しましょう!

 

 

 

 

 

  • 現行の神旅®、ラストの地、

2019年の大いなる飛躍を約束する地、宮崎へぜひ!

 

 

かねてからお伝えしている通り、

現スタイルの神旅®は、12月15,16日の宮崎が最後です。

 

みなさんから、「もう神旅は開催しないのですか?」と

よくご質問をいただきます。

 

 

結論から先にお話しすると、

宿泊型の神旅®は、今後も開催します。

 

どうぞ、ご安心ください!

 

 

ただし、今後の神旅®は大きく変わります。

なぜ変わるのか。

それは、アテアに協力してくださる神様の部署が、変わったからです。

 

 

たとえば、あるプロジェクトに

営業部が協力していたとしたら、営業マンが力を貸してくれますね。

ですから、そのプロジェクトは、

営業マンのスタイルに合ったアプローチでおこなわれます。

 

しかし、プロジェクトの協力部署が変わり、

仮に経理部門が担当することになれば、

当然、経理のプロならではのアプローチに変わります。

 

というわけで、これからは

新たに力を貸してくださる神々や龍神の

望む形でおこなっていきます。

 

龍神たちの協力体制も今までとは大きく変わり、

アプローチは、さらに多彩になります。ぜひ、ご期待ください!

 

では、どのように変わるのか。

 

これまでの神旅®ゴールドは、

宿泊や直会以外は、ほぼすべて屋外で、

ひとつのつながりをもって、神社や大自然を巡り、

アクティブラーニングをおこなってきました。

 

ですから、実際に体感しなければ得られない気づきや学びがあり、

その「場」でなければ感じられない、圧倒的な濃さがありました。

 

 

新しい神旅®は、屋外ばかりでなく、

屋内のプログラムも充実させていきます。

 

ワークショップやグループコンサルを取り入れ、

参加者全員が、自分自身の直霊を見つめられるような

アプローチをおこなっていく予定です。

 

 

必然的に、これまで訪れてきた

地元の方も知らないようなスポットや、

知名度は低いけれど希少な価値のある神社に

足を運ぶ神旅®は、次回の宮崎が最後ということになるでしょう。

 

ただし、そういった場所に行かないからと言って、

神脈を結ぶチャンスが減ったり、

現実を変える力が弱くなったりするわけでは、

もちろんありません。

 

現在、神旅®のアフターフォローとして

Facebook上の非公開ページでおこなっているグループコンサルを、

神旅®の中で、もっと密度高く進めていく形になるとご理解ください。

 

 

新しい神旅®は、2019年の春、新年度を目安に

スタートする予定です。

詳細を出してよいとOKが出たら、

すぐにご案内しますので、ぜひご期待ください。

 

繰り返しになりますが、

とにもかくにも、現在の神旅®ゴールドのような

レアな場所を巡る神旅®は、宮崎が最後。

(新しい部署の神々からがご要望があって、

まれに開催することはあるかもしれませんが・・)

 

 

 

宮崎は、ニニギノミコトが降り立った天孫降臨の地、

そして、現在まで125代続く天皇家の始まりの地です。

 

初代神武天皇は、宮崎の地から、新天地に向かって旅立ちました。

 

 

神武天皇が出航した日向灘には、

地球で1,2を争う黒潮のダイナミックなパワーが

満ちています。

 

その地で、来年から始まる大変革のエネルギーを

味方につけ、龍神の背に乗って、

2019年に大いなる飛躍を遂げるための神旅®です。

 

 

また、今回の神旅®では、

平成30年の間に溜めこんだ穢れをみそぐための

特殊な龍神神事もおこないます。

 

この神事をおこなうことで、

これまで、潜在能力を発揮することを

さまたげていた扉が開き、新しい時代へ向けて、

あなたの新しい価値を発揮できるようになっていきます。

 

 

記念すべき平成最後の年末。

神々の国、宮崎で一緒に感動を体験し、

かつてない飛翔へとつなげていきましょう!!

 

神旅®ゴールド宮崎の詳細はこちら