深い感動に包まれて、直霊が揺さぶられた鳥取神旅®。 龍神たちも大歓迎の2日間①


10月27日、28日におこなわれた鳥取の神旅®。

参加者の皆様から、
「今までにない大きなパワーをもらった!」
「参加を決心した自分をほめたい!」と、
嬉しいご報告やご感想を続々と頂き、
鳥取の神々、龍神も喜んでいます。ありがとうございます!

今回の神旅®では、私自身もいつにも増して驚き、感動しました。
何に感動したかというと、
神旅®中に起きた、皆さんの変化の早さと大きさに…です。

特に、驚いたのが、神社で祈りを届ける時間でした。
神旅®では、毎回同じテーマをもった方々でグループ分けし、
チームごとにお祈りします。

そのお祈りが、本当に素晴らしかったのです。

3チームの中で、2チームの方たちはお祈りの途中から、大号泣。

悲しいわけでも、何かにすごく感動したわけでもないのに、
なぜか、涙があふれてきて止まらない。
理由はわからないけど、涙が次から次へと出て来る……。

そんな感じだったとおっしゃいます。

というのも、今回の神旅®には「直霊を体感する」という
共通の課題が、鳥取の龍神から出されていたのです。

それで、龍神から教えられた方法をお伝えして、
お祈りしていただいたのでした。

参加者お一人お一人が、
ご自身の直霊を体感された結果、
思考を通り越して、魂レベルで神々や龍神と交流でき、
その喜びが、涙という形であふれ出したのですね。
(直霊自身も、自分の存在に気づいてもらうことで喜びます)

また、残りの1チームの方々は、
ほぼ全員が初対面とは思えないほど、
見事に全員一丸となって、お祈りを届けていらっしゃいました。

かつて見たことがないほど、息がピッタリで、
直霊を体感できたからこそできたお祈りだと、
これもまた、感動しながら見守らせていただきました

今までの神旅でも、涙ぐむ方はいらっしゃいましたし、
皆さんが協力して、祈りを届けてこられました。

しかし鳥取でのお祈りは、これまでとは違っていました。

皆さんがそれぞれに、
直霊や見えない世界の存在とつながっているのを
感じてくださり、
「直霊が動いたのがわかった」
「神様がいらっしゃったのがわかった」
「お祈りがそろって届いたことを感じた」と、
おっしゃる方が続出したのでした。

アテアではその方の直霊を知り、よりよい未来をつくるために
直霊コンサルティングをおこなっていますが、
直霊は、「天命の青写真」を持っている場所です。

なので、直霊の声を体感できると、
これから人生で取捨選択をしていく時に、
天命に沿った取捨選択ができるようになります。

同時に、直感力の確度が上がっていきます。
人間は日頃つい、いろいろと思考を巡らせてしまいますよね。
でも、直霊とつながると迷いがなくなり、
天命を生きやすくなるのです。

こんなふうに、人間側が
見えない世界や自分自身について深く理解すると、
龍神たちもとても喜び、気候や風、波、光などの自然現象で、
その喜びを表してくれます。

今回も、そんなサインのオンパレード!

たとえば、途中で訪れた白兎海岸で
皆さんが波打ち際を歩いていると、急に潮が満ちてきたように、
波が突然ザザザザッーーと何度もやって来て、
大歓迎してくれました。

いやはや、龍神の喜びようは凄かったです。

波とたわむれる皆さんと、歓喜する龍神たちの姿を見ながら、
鳥取という土地の素晴らしさを、改めて感じた今回の神旅®でした。

②へ続く