産土神とコミュニケーションの取れる場所

産土神ともっともコミュニケーションがとりやすい場所は・・・。

産土神社です!!

アテアメソッド®産土神リーディング®では、あなたの産土神にお聞きして、一番コミュニケーションがとりやすい場所をお伝えしています。

産土神社と言っていますが、大切なのは「場所=土地」です。
神社だと、わたしたち人間側の目印になりやすかったり、気持ちが向けやすいですよね?

ですから、産土神とコミュニケーションのとりやすい場所が神社である方が多いのです。


しかし、神社が少ない土地やその方が神社以外の場所がベストな場合は、神社ではないこともあります。

海外生まれの方の場合はもちろん、日本国内でも神社の少ない地域の場合は神社でない場合もあります。

産土神社では、産土神とコミュニケーションを取ることがメインなので、神社の社殿というよりも場所を意識して佇むと繋がりも深まりやすくなります。

実際に産土神社に参るとお社が小さくて見逃してしまいそうな祠だったり、境内も狭い神社もあります。


他にも社殿がボロボロとか、
境内が草だらけ・・・という所もあったりします。
こういう場合でも、境内に入れれば境内でお祈りしていただければ大丈夫です。
入れなければ境内手前で参拝してくだされば良いです。

大切なのは、神社そのものよりも場所です!

また、産土神社は生まれた家の近くとも限りません。
なぜなら、神様の活動エリアは人間が思っている以上に広いからです。


「うちの息子の産土神社が畑の中の祠で、ご挨拶するときの二拝二拍手一拝を農家の方がじ~っとみておられるので、恥ずかしいと言います・・・」
とお聞きしたことがあります。

そうですよね~。わかります。

時間や場所によっては二拝二拍手一拝するのが、恥ずかしいこともあると思います。

その時は臨機応変に対応してくださいね~!

何がなんでも二拝二拍手一拝せねば!と無理しなくても大丈夫です。

できるときには、してくだされば良いかと思います(^^)v

産土神とコミュニケーションがとりやすい場所では、一番大切なことは作法ではなく、産土神に意識を向けることです。

「産土神とコミュニケーションがとりた~い!」という気持ちが重要ポイントです。

神様にも人間と同じように感情がありますから、人間側が「うぶすなさまとコミュニケーションをとりたいんです!」という態度で望めば、
産土さま側だって嬉しいのですよね。

みなさまもそうではありませんか?

あなたに会いたくて来ました~!って言われたら嬉しいですよね?
人間関係でも神様関係でも同じですね。
相手に意識を合わせてコミュニケーションを取ることは、対人でも対神(?)でも同じですね。

前の記事この春中学を卒業する子どもの産土神リーディング®の 料金はどうなりますか?
次の記事龍使い®ノート【出版記念講演会】開催決定!
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社アテア代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数22万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。