人間の栄養は主に3種類ある

人間が活きるためのエネルギーは、ざっくりわけると3種類あります。

1一つ目は食材からいただく命です。

毎日食べている食事は、食材から命というエネルギーをいただいています。

いただく感謝と共に食べることで、より高品質なエネルギーにスパイラルアップしていきます。

身体は生身ですから、やはり毎日の食事が糧となりますね。
ないがしろにはできないポイントです。

2二つ目は自身が持ってる細胞の力です。

自分の身体、そして魂が持つエネルギーは、普段あまり意識しないと思いますが、
そもそも食材のエネルギーを取り入れるためには、自分のエネルギーを使って消化する必要があります。

身体と魂自体の生きる力は、あなたが人生を活かす上での底力となります。

3そして三つ目は神気です。

神気とは神様からの後押しや、サポートを受け取る時に循環する、神様からいただくエネルギーです。

神様を意識することで循環できるので、普段から神様を意識して暮らしていくと神気が入りやすくなります。

もちろん神社参拝でも神気は充電できるので、充電したら循環するように意識してください。

これら三つのエネルギーが都度練り合わさって、
あなたの人生の活力が生まれていきます。

自分を活かそうとする時に、内面を見つめたり外面を磨くことも大切ですが、
同時に身体や魂にエネルギーを循環させることも必要です。

前の記事龍技セミナー「色々な感覚が研ぎ澄まされたような気がします」
次の記事可能性の宝庫
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社アテア代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数22万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。