どんなことでも偏ると、本質からはどんどん離れていきます

 

「どんなことでも偏ると、本質からはどんどん離れていきます」

 

そもそも人間には〈その人独自のフィルター〉があって、
自分が受けることや発信することすべては
自分のフィルターを通しているわけです。

 

まったく同じ事象でも、
フィルターの質が正反対に近い人同士だと、同じものにはならないことも多いです。

 

ですが、このフィルターが個性を生む役割のひとつです♪
フィルターを不特定多数の人たちと同じものにする必要はないんですね。

 

重要なことは、
自分を含め全員にフィルターが存在しているという認識と、
自分フィルターの常なるメンテナンスです。

 

みんなフィルターが違うという認識から始めれば、
周囲からがやがや言われたり、反発されても、
必要以上に過敏にならずにすみます。

 

そして冷静に判断することができるので、
言われたことが自分の改善点としてのアドバイスなのか、
ただのやっかみなのかがわかるようになります。

誰でもそうですが、
人間はそもそもが偏る生き物なので、常にフィルターの風通しを意識した方が良いですね。

 

「これが私なの~~~!」
という主張だけでは通じません。

 

ですので私もそうですが、
時に偏りを楽しみつつ
時に戒めながら
日々偏りとのバランスを取るように心がけています。

 

栄養バランスだってそうですよね。
「思いっきりバランス悪~~」と思っても、
無性に食べたくなる時ってありませんか?
だから、たまには偏ってもOKなんです(笑)

 

 

前の記事書くことは脳の最高のデトックス
次の記事言葉があなたになり、力となる
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社ATEA代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数23万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。