感知力の磨き方

~感知力の磨き方あなたの中のシンクロを活用するバージョン~

磨き方といっても、方法は簡単です。

1日の始まりの時、下記を念じながら『「龍使い」になれる本』を無意識にパッと開き、そのページに書いてあることを意識して1日を過ごす。

これだけです。

念じるのは、
『今日、わたしが意識すると良いことを教えてください』です。

この方法は西洋では書物占いとして、古くからあるもので、ビブリオマンシーといいます。
質問を念じてから本を開くと、開いたページに答えがあると言われている占術です。
本来は、熟練した感覚と腕を持った占者が行うもので、時代が経るにしたがって広く一般にも普及してきたんですね。

今回は占いではなく、感知力を磨く目的でビブリオマンシー的活用法を龍使いになれる本で行なってみましょう(^^)
毎日のことなので、気合いは入れず、気楽にこなしてもらえばOKです!
工夫としては、開いたページを写メで撮って、朝昼晩と見直して意識するのもアリですね。
内容を全てやろう!とするのではなく、内容を思い出したり、今度そこに行ってみようと想いを馳せるだけの気楽さがコツ。

感知力を磨くことが目的ですから、ページ内容を細かく正確に行うわけではないんですね。
本を開いて、1日意識すること!
ここがポイントです。

ぜひトライしてみて、どんな感じ方の変化があったか、教えていただけると嬉しいです(≧∇≦)

変化に敏感になることで、効果はますますアップしますし、それを言語化して伝えることで頭の中だけで完結するより何倍もの感知力アップとなりますよ。