ビジネスコンサルティング「神頼みだけの安易なものとは違います」

経営者として、今までに経験したことのない命の問題と直面し、神頼み的要素満載でスタートした運気マネジメントでしたが、3か月目当たりから、少し神頼みだけの安易なものと動きが違ってきていることに気づきました。

現実的すぎるというか、問題点を的確に指摘、それにつていの課題への取り組み方、特に思考的な部分への影響は大きく、いただいたメッセージはいかようにも自分のとらえ方次第で変化、進化させていけることも教わりました。

それがより現実的になるようにするには、いただいたメッセージ、課題、思考、行動の連鎖をうまく循環させることだと。
これが他力の力なのかなと私流でとらえてます。

忙しい経営者にとっては、それを短時間でピンポイントで伝えていただけることが最初は合理的でいいくらいの感覚でしたが、今となっては多くの言葉を並べるのでなく、より明確に重点を絞りアドバイスを絞ることこそ、私のような立場の人間は混乱せずすむと感じました。

忙しくて、とにかく1か月取り組むべきことに集中。
今なすべきこと、今見つめるべきことに集中できる。
これは運気マネジメントの強みのような気がします。
敢えて、ひとこと、ひとつに絞っていらっしゃることに今更なながらほれぼれしています。