迎合とマッチングは違う

世の中は集団でまわっているので、自分という個だけを優先して
モノゴトを進められないときもあります。

自分はこうしたいけれど、今は周りの状況的に合わせていた方がいいだろうと
思って周囲に合わせていくのですね。

日本人の得意分野でもあります。

周囲に自分を合わせていくということは
世の中で自分を活かしていくときにも必要な考え方です。

必要ではありますが、合わせすぎると自分がなくなるし
合わせないと周囲と上手くつきあえない…その狭間で揺れることもありますね。

こういうときに切り分けをすることをおすすめします。

合わせるか合わせないかという状況になったときに
まず最初に考えることは、自分はどうしたいのか?です。

これ、とても重要!

まずは自分の思いや感覚を感じることを意識するのです。

そしてその上で、

①今は状況に合わせた方がスムーズなのか?
②合わせざるおえない状況なのか?
③それとも異なる意見を主張できる状況なのか?

を観察し、自分の思った意見を主張できるならば伝えればいいのです。

例え状況的に自分が思った意見が伝えられず、しぶしぶ周囲に合わせなければいけないとしても
自分がどうしたいのかを知って合わせたのと、知らないで合わせたのでは結果が異なってくるのです。

集団で生活する日常の中で、周囲に合わせざるおえない状況も多々ありますよね。

そのときに自分の意見がやりたいように通らなかったとしても
自分が本当はどうしたかったのかに意識を向けて知っておく。

この繰り返しが、本当に自分の望むことややりたいことに
気が付いていくための自分センサーを磨くことになります。

日本人は特に周囲に合わせるために自分を押し殺していくことに慣れているので、

自分が本当のところどうしたいのよ?ということにいつの間にか意識を向けなくなってきます。

小さい頃からの積み重ねで、
「どうせ私がこうしたいと思っても思い通りにはならない」という
経験をしてきていることが多いためです。

しかしこれを続けると、自分の中にある自分センサーが鈍ってくるので
自分がどうしたいのかわからないということになります。

自分センサーを磨くために重要なことは、
自分が本当はどうしたかったのかを自分で意識して知ることであって、
自分がしたいことができるかできないかではないのです。

自分が本当はどうしたいのかを知った上で
周囲に合わせていくことは「周囲とのマッチング」なんですね。

自分は本当はどうしたいのかというセンサーを麻痺させて
ただただ周囲に合わせていくことは「周囲への迎合」です。

自分をいかす人生は自分がどうしたいの?という
自分だけが持っているセンサーを麻痺させたままでは難しい。

だからこそ、迎合ではなくマッチングが大事。

自分センサーが麻痺していたとしても、生きている限りなくなるものではないので
できるときに少しずつ自分はどうしたいのかという問いかけをしてリハビリするといいですよ。

前の記事「運」とはそもそもなんでしょう?
次の記事ビジネス運気マネジメント
大杉 日香理
著述家/講演家/龍使いⓇ考案者 大杉日香理(おおすぎ・ひかり) ・株式会社ATEA代表取締役 10万部超えのヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)の著者であり「龍使い」の第一人者として神道系スピリチュアルブームを起こした累計発行部数23万部を超えるベストセラー作家。 龍神や妖精など見えない世界の存在や、他人の思考が見えてしまうという優れた感覚を持つ。この能力を封印して30年過ごすも、父親の他界で忘れていた幼少期の体験がフラッシュバックし、能力が活性化する。 その後、歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤とした、現実をより良くするためのスピリチュアルを体系化し、株式会社アテアを設立する。 事業開始10年間で参拝した神社は、延べ10,000社。その体験を活かしたアクティブラーニングである「神旅Ⓡ」は毎回満席、リピート率は90%以上と驚異的。 現在は、個人の開運神社をリーディングしてお渡しする通信ファイル「産土神リーディングⓇ」や経営者向けの運気コンサルティングや、龍使いとして龍神のことを学ぶセミナーも全国各地で人気を博している。また行政向けの講演活動、書籍の執筆活動、雑誌への寄稿など著述家としても精力的に活動している。 近年、神社を入り口とした地方創生、地域活性化のプロジェクトにも力を入れている。 著書に『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版) 『幸せと豊かさへの扉を開く龍神カード』(河出書房新社) 龍神とご縁を結ぶ 「龍使いⓇ」ノート(宝島社) 『龍神の力をいただく「神旅Ⓡ」のはじめ方』 (KADOKAWA)、 『龍のご加護でお金と幸運を引き寄せる7日間ワークブック』(マガジンハウス)、 『龍神とつながる強運人生』(ダイヤモンド社)などがある。