大杉日香理の生成3~新米ママ編~

実は小学校2年生!おませな女の子疑惑を「うん、確かに」とうなずかれる@大杉日香理です。

{777FFC90-E8A8-4741-B309-4ED09164297B}いきなり釈明ですが、成人しています。
ランドセルはしょっていませんし(と、言われる)、年齢相応だと(自分では)思っています。

前回はこちら
⇒大杉日香理の生成1~幼少編~ 
⇒大杉日香理の生成2~未成年編~ 

就職先で主人と出会いまして、その時の下りは過去記事で詳しく。
つきあって10日で結婚を決める1
つきあって10日で結婚を決める2 
新婚旅行は古戦場 

結婚を決めた夜、決める前に一緒に参った神社で、
「この人と結婚できるように!!」とお願いをしました。

その帰り道ですからね、お互いに結婚することを決めたのが。

時間にして30分後ですよ。

今でもお世話になっている神様&神社ですが、適切な交流で叶うスピードもタイミングも変化してきます。

このくらいの時期になってくると、神様という存在を知識がないながらに認識し、
子供の頃のことは忘れていても自然に交流がとれていました。
あまりにも当たり前すぎて、逆に意識に昇らないくらいの感覚です。

さて、主人と結婚後も仕事を続け、長男の妊娠と同時に退社しました。
主人の両親とも当初からの同居で、専業主婦になったことで関わる時間も増え、
お互いの考え方の違いから衝突することもありましたね。

公園デビューを果たすも、年上ママとの会話もうまくいかず、
幼稚園に入ってもママ友ランチのお付き合いになじめず断念。

子供が小さいうちは親同士の付き合いが子供の友人になってくるので、
浮かないようにがんばってきましたが、ストレスで突然全身が腫れる奇病にかかったり、
自分ばかりが我慢しているという責任転嫁で主人に当たったりしたこともあります。

特に次男が生まれてから、必然的に主人の両親の手を借りる機会が増え、
今にして思えば些細なことでも自分だけががんばっているという意識で、
素直に頼ることもできないでいました。
本当に視野が狭かったんですよ。だからこそ、視野を広げておくことの大切さが身に沁みます。

その後も周囲になじめず、人生に対する不安と焦りは増すばかりで、
首が動かなくなったり手に力が入らなくなったりと、ストレスで自分で自分を縛ることもありました。

気持ちや意識の向け方が、どれだけ自分の可能性を頑なに閉じ、
それが周囲に影響していく展開も実体験してきたんですよね。

本当に今思うとイタタタ…なワタクシでございます。

そんな状況に転機が訪れたのが、2004年です。

2004年の父の突然の死により、大人になってからの近親者の死、それもいきなりという状況で
忘れていた子供の頃の想いがフラッシュバック。

自分に何ができるか知りたい
自分の持っていものを知りたい
人を理解したい
交流している見えない存在のこと深くを知りたい

という気持ちが体中を駆け巡ったわけです。

そして父に幸せな自分を見せたかったという思いから、変わろうと決意。

人生は有限だということも、現実として思い知ったのもこの時です。

当時はやっていた自己啓発系のセミナーや自分を磨くレッスンなどに行って自分磨きを始め、
貯金していた500万円のほとんどを無駄にしました。

人の体験がそのまま自分が実践できる方法にはならないと、
当たり前のことですが身に染みて実感しましたね。

その分どうすれば一部の人だけが可能ではなく、多くの人に可能な方法になるのかも
常に考えてあれやこれやと実践研究していきました。

その中で改めて神様との関わり方を見直し、小さい頃から各人の後ろで守ってくれていた存在が、
その人のことをマンツーマンで守ってくれる産土神であると判明。

産土神との交流から、多くの神様とのご縁を深めに全国各地へ参拝に。
神脈(神様とのご縁)が広く深くなるごとに、現実生活もみるみるよくなっていったんです。

ママ友との関わり方、主人の両親との関わり方、子供との関わり方、
自分を取り巻く世界の在り方、繋がっていく人脈やチャンスもどんどん増えていきました。

自分が変わることで周囲の対応変化も著しく、
まずは自分という個性を知って活かすことが先決と実感したものです!!

神様を知ることで自分を活かす人生が歩みやすくなる。
何よりも心からの幸せを感じ、その上で自分を成長させていくことができる。

その想いを感じる度に、子供の頃に閉じた扉が少しずつ開いていき、
神様との交流も復活していきました。

image
神様のことを知ってもらいたい!!

と想いに突き動かされ、産土神を伝える漫画や古事記の漫画を作成もしました。

そして自分ができることの一環として、2007年に主婦起業をしたのです。
とはいえ、そこは社会人経験も乏しく、ビジネスのことを何も知らない専業主婦ですからね。

いろいろございましたわ~

長くなったので続きますが、次回で最終回です。

【関連記事一覧】
大杉日香理の生成1~幼少編~ 
大杉日香理の生成2~未成年編~ 
大杉日香理の生成3~新米ママ編~
大杉日香理の生成4~可能性開花編~